スポンサーリンク

Qみたいな記号(大文字)の意味や読み方は何?eやEの逆な記号のパソコンでの出し方や意味は?【鏡文字】

英語のスキルアップ

普段何気なく生活している中で見慣れない記号、単位、文字と遭遇する機会があります。

例えばQみたいな記号(Qに似た文字)、小文字のeの逆の文字(鏡文字)、大文字のEの反対の記号をみかけるケースがありますが、これらの意味や読み方、どのような場面で使用するのかについて理解していますか。

ここでは、これらの「何と読めばいいのかわかりにくい用語の意味や読み方・パソコンでの出し方(入力方法)」について解説していきます。

スポンサーリンク

Qみたいな記号の意味や読み方(大文字)は何?【Q】

それではたまにみかける大文字にQみたいな文字について解説していきます。

結論からいいますと、このQみたいな記号であるQは実は全く同じ「アルファベットのキュー」を意味しており、書体のみが違うわけです。

通常のQでは0を貫通した曲線が含まれているのに対して、Qでは0の下から線が出ているので一見すると違う文字に見えるものの、まったく同じなわけです。

Qみたいな記号のQでは表示のみに違いがあることを理解しておきましょう。

 

eの逆の文字の出し方・意味・読み方は?【数学や発音記号:鏡文字】

続いて小文字のeを逆にしたような記号が何なのかについてもチェックしていきましょう。

このeの逆の記号としては、数学で出てくるか、英語の発音記号として出てくるかによって違いがあるため、順に解説していきますね。

数学におけるeやEの逆さまの記号の意味・読み方・出し方【δ】

数学における小文字のeの反対に見える文字は∂(読み方デルタ:δ)を意味しているのです。

この∂というeの逆さまのような記号は偏微分を行うことを意味しています。簡単にいうと複数の変数からなる数式をその中の特定の記号のみに着目して微分を行うための記号といえますね。

読み方も併せて普通に生活していると出てこないものなので覚えておきましょう。

 

なおWordやExcel等にパソコンにおけるこのeの逆さまの記号(∂)の出し方としては、上タブの挿入、記号と特殊文字、その他の記号から表示させるといいです。

フォントとして「MS Reference Sans Serif」を選択していきましょう。

後は下の方にカーソルを移動させていくことで、このeの反対にみえる数学の記号の∂が出てくるのでこれを選択するだけで出すことができます。

 

なお大文字のEの反対の数学の記号としては∃というものがあり、読み方はアルです。

この∃の元は存在するの英語のEXISTの先頭を取り、反対にしたようなもので難しい言葉で存在限定しと言われています。簡単にいうと、少なくとも1つは存在することを意味している記号です。

 

たとえば ∃x∈R, x^2 = 4 という命題を考えるとします。

Rは実数を意味しており、カンマの前の∃x∈R(Rは実数)にて「ある実数のxのおいて」という前提での議論をしています。

そしてカンマの後にx^2(xの2乗)= 4と指定していることから、x^2 = 4を満たす実数xが少なくとも1つ存在することを意味した命題となっています。

つまりこの命題は正しいわけです。

 

このように大文字のEの反対か、小文字のeの鏡文字かによって意味も読み方も違うので注意していきましょう。

 

英語におけるeの逆向きの記号の出し方や意味・読み方は?【発音記号:鏡文字】

さらには英語の発音記号としてみるeの鏡文字にような記号の出し方・意味・読み方についても確認していきます。

Eの反対向きに見える発音記号のəの読み方はシュワサウンドであり、発音としては「あ」と「う」の中間ともいえるあいまいな発音となります。

同時にあとうの両方を言葉にするイメージを持つのもいいでしょう。

 

なおこの発音記号としてのe鏡文字といえるəのパソコンでの出し方は、上と同様特殊文字から出していくといいです。

フォントも上のMS Reference Sans Serifで同じでよく、あとは探すだけです。

 

このようにして小文字のeの逆の記号を表示することができるのです。

まとめ eやEの逆な記号のパソコンでの出し方や意味は?【鏡文字】

ここでは、Qみたいな記号(大文字)の意味や読み方は何?eやEの逆な記号のパソコンでの出し方や意味は?について解説しました。

基本的に似た記号は理解するのが難しいのでこの機会に覚えておくといいです。

さまざまな知識を身に着け日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました