EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

「ご回答いただきたく存じます」「回答いただければと思います」「回答いただければ幸いです」「ご回答ください」は正しい敬語?二重敬語?

ビジネスにおいて敬語の使い方は意外と難しいものです。

そして、敬語の使用方法がおかしいと相手に不快な思いをさせるケースもあるため適切な敬語の使い分けを身につけておくといいです。

中でもここでは「ご回答いただきたく存じます」「回答いただければと思います」「回答いただければ幸いです」「ご回答ください」などの表現は敬語として正しいかどうかの判断が困難であり、以下で詳細を確認していきます

 

スポンサーリンク

ご回答いただきたく存じますは正しい敬語?二重敬語ではない?【意味から解説】

結論からいいますと、「ご回答いただくたく存じます」は正しい敬語で、二重敬語ではありません。

 

以下で詳しくみていきましょう。

まず「ご回答いただく」は自分が回答してもらうので、主語は自分です。

「ご〜いただく(「もらう」の謙譲語)」+「〜たい」願望+「存じる(「思う」の謙譲語)」+「ます(丁寧語)」という独立した各フレーズがつながった成り立ちであり、おかしいところはありません。正しい敬語ですね。

 

このご回答いただきたく存じますの意味は「回答してもらいたいと思っている」です。

「ご回答くださいますよう」「ご回答のほど」などの言い換えもできます。

 

ご回答だけではなく、ご一報、ご返信、お返事などに置き換えても正しい敬語となります。

なお「お返事」は、漢語であるのに「ご」ではなく「お」がつくことにも注意するといいです。このような例外は「お食事」「お礼状」などとありますので覚えておきましょう。

 

ちなみに、「回答」と「解答」は同じではありません。

「回答」はアンケートに回答するなどと使い、ビジネスシーンでは返事の意味で主に使われます。

一方、「解答」は問題の答えという意味なので、シチュエーションとしては、クイズや数学の問題の答えを教えて欲しい場合などに限られます。漢字の間違いに気をつけましょう。

 

 

ご回答いただければと思いますは正しい敬語?おかしい?【意味から解説】

結論からいいますと「ご回答いただければと思います」は正しい敬語です。

上の「ご回答いただきたく存じます」における「存じます」が「思います」に変わっただけのかたちです。丁寧さが軽減されるだけで、間違った表現ではありません。

むしろ「存じます」を多用すると重たくなってしまうので、それほどかしこまった場合ではないならばこちらの「ご回答いただければと思います」で十分です。

「ご回答いただきたく」に比べて、「いただければ〜」と仮定の表現なので、「もしできるならば…」と低姿勢な印象を与えます。

 

 

ご回答いただければ幸いですは正しい敬語?二重敬語ではない?【意味から解説】

 

こちらの「ご回答いただければ幸いです」も、正しい敬語です。二重敬語ではありません。

「ご〜いただく」の謙譲語を使い、「もし回答してもらえればとても嬉しいです」とスマートに表現しています。「〜幸いです」はもちろんのこと、仮定形はより丁寧な言い方になります。

「賜る」「存じます」を使うとどうしてもかしこまり過ぎてしまいがちです。

一方でこの表現では、かしこまりすぎることもない&丁寧さを欠くこともない、気遣いが感じられる表現といえますね。

 

 

ご回答くださいは正しい敬語?おかしい?【意味から解説】

 

結論から言うと、文法的には正しい表現なものの、使用する場面には気を付けた方がいい言い回しといえます。

「ご〜ください」は「もらう」の尊敬語で、主語は相手です。意味は「回答してくれる」です。

「ください」はくれるの尊敬語ですが、命令形なので「ご回答いただく」の謙譲語よりは強めに聞こえてしまいます。

ビジネスシーンでは、「ご回答ください」が失礼になるという見方もあるので、ご回答いただければ、とへりくだってお願いをする表現を心がけましょう。

「回答」が「アンケートに回答する」のように述語のように使われている場合はそれほどでもありませんが、「お返事」や「ご一報」という名詞の意味で使われていると、どこか横柄な印象を与えてしまいます。

よって、「ご返信いただきますよう、お願いいたします」や「ご一報いただけますと幸いです」などのように言い換えが無難でしょう。

 

まとめ「回答いただければ幸いです」「ご回答ください」は正しい敬語か?

ここでは、「ご回答いただきたく存じます」「回答いただければと思います」「回答いただければ幸いです」「ご回答ください」について解説しました。

敬語は一度理解しておけば間違えて使用することが少なくなるため、この機会に覚えておくといいです。

敬語でのさまざまな扱いに慣れ、日々の業務に活かしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました