スポンサーリンク

用務と業務の違いと意味は?実務との違いや意味は?

Excel・英語以外のスキルアップ

私達が生活している中で似た言葉に出会うことがよくあります。

ただ各々の意味を間違って理解・使用すると人前で恥をかいてしまうこともあり、多くの言葉を知っておく方が何かといいです。

中でもここでは、意味が言葉自体似ている言葉の「用務と業務と実務の違いと意味」について解説していきます。

スポンサーリンク

用務と業務の違いと意味は?

それでは似ている言葉である用務と業務の違いと意味について確認していきます。

まず「用務」の意味をコトバンクより確認しますと

https://kotobank.jp/word/%E7%94%A8%E5%8B%99-653380より引用

とどちらかというと、本来の意味には「しなければいけない事が用務」と表すことができます。

 

一方で業務とは

https://kotobank.jp/word/%E6%A5%AD%E5%8B%99-479007より引用

といわゆる、サラリーマンや経営者・個人事業主に関わらず、日々繰り返し・継続して行っている作業・仕事のことを業務と指すことが多いです。

 

ただ、基本的には用務よりも「業務」という言葉を使用することの方が多いです。

これは会社員の場合は「日々の業務」などと業務という言葉を使用するケースの方が非常に多く、また日本には会社員の割合が高いことも大いに関係しているでしょう。

また用務と使うケースはかなり限定的であり、学校用務員などとどちらかというと「清掃業務等の雑務的な仕事」を行う場合に使われる場合が多いといえますね。

これらが用務と業務の違いと意味です。

 

業務と実務の違いと意味は?

今度は実務という言葉に着目してみましょう。

実務の意味は業務とかなり似ているといえますが、中でも実際に行う業務のことを実務と呼ぶわけです。つまり行っていない業務は実務とは呼びません。

一般的には、実務よりも業務という言葉の方が使用する頻度は多くなるともいえます。

なお業務経験や実務経験という言葉がありますが、この業務経験とは実際に行った経験を効かれていることになるために、結局のところ全く同じ意味を持つといえるのです。

これらが実務と業務の違いや意味といえます。ややこしいのでこの機会に覚えておくといいです。

 

まとめ 業務と実務の違いと意味は?用務との違いは?

ここでは、用務と業務と実務との違いや意味について確認しました。

・業務:日々繰り返し継続して行っている作業や仕事で最もポピュラーな表現

・用務:~しなければならない仕事が本来の意味だが、実際は相似等を始めとした雑務的な意味合いで使われることが多くなっている

・実務:実際に行った業務

という意味や違いがあります。

さまざまな用語の違いや使い分けを学び、日々の業務に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました