スポンサーリンク

無限みたいな記号の∝や∽の意味や読み方・使い方・出し方は?【相似や比例・反比例】

Excel・英語以外のスキルアップ

数学やエクセル操作などの場面においてあまりみかけない記号を目にすることがあるでしょう。

例えば文章や記号などにおいてよく無限大に似たようなマークである∝や∽を見かけることがありますが、これらの意味や読み方・使い方・パソコンでの出し方について理解していますか。

ここでは、これらの「無限みたいな記号の∝の意味や読み方は「比例」か?反比例との関係は?」「記号の∽(相似)の意味や読み方・使い方・出し方は?」などについて確認していきます。

スポンサーリンク

無限みたいな記号の∝の意味や読み方は「比例」か?反比例か?【使い方は?】

それでは数学などの記号として頻出の無限みたいな∝という記号の意味や読み方・使い方について確認していくます。

記号の∝の意味は「比例している」というものであり、この記号自体を比例記号と呼びます。

具体的なこの記号∝の使い方としては、

f(x) ∝ g(x) (各々は関数)

などとし、この意味はf(x)という関数と、g(x)という関数は比例関係にあることを意味してるわけです。

この数式の読み方は上の説明の通り「f(x)という関数とg(x)という関数は比例関係にある」とするといいですね。

なお反比例の記号としてはこの比例の記号∝の方に-1(インバース)がついた以下のようなマークで表現することもあります。

なお無限大∞とは異なり隙間があることに注意しましょう。

記号の∽の意味や読み方は「相似」か?【使い方は?】

続いて上の比例の記号∝と似ているものの∽という記号の意味や読み方・使い方について確認していくます。

記号の∽の意味は「相似している」というものであり、この記号自体を相似記号と呼びます。

具体的なこの記号∽の使い方としては、

三角形1 ∝ 三角形2

などとし、この意味はある三角形1と、ある三角形2は相似(形は同じで大きさのみが違う)ことをを意味してるわけです。

この数式の読み方は上の説明の通り「三角形1と三角形2は相似関係にある」と呼びましょう。

記号の∝や∽のパソコンでの出し方は?【比例や相似】

なおこの記号の∝や∽をパソコン等にて入力したいケースもあるでしょう。

ここの∝を出したいのであれば、はまず「ひれい」と入力します。

これを変換するだけで、記号の∝が表示されるのです。

同様に∴の逆のマークの∵であっても、まず「なぜならば」と入れるといいです。

これで変換することによって、∝(比例の記号)が表示されました。

相似の記号∽の出し方も上と同じように、まず「そうじ」と入力した上で変換するといいです。

 

まとめ ∝や∽の意味と出し方(パソコン)は?【比例・反比例や相似の記号の読み方】

ここでは、これらの「記号の∝の意味や読み方は「比例」か?反比例との関係は?」「記号の∽(相似)の意味や読み方・使い方・出し方は?」などについて確認しました。

基本的に数学に出てくる∝や∽の記号は覚えにくいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

各種記号の扱いに慣れ、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました