EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

tみたいな記号(tみたいなギリシャ文字)、uみたいな記号(uに似た単位)、sに似た記号(sに縦線やなど)やnみたいな記号について一括解説!

Excel・英語以外のスキルアップ

普段何気なく生活している中で見慣れない記号、単位、文字と遭遇する機会があります。

例えばtみたいな記号(tみたいなギリシャ文字)、uみたいな記号(uに似た単位)、sに似た記号(sに縦線やなど)やnみたいな記号をみかけるケースがありますが、これらの意味や読み方、どのような場面で使用するのかについて理解していますか。

ここでは、これらの何と読めばいいのかわかりにく各用語について解説していきます。

スポンサーリンク

tみたいな記号(tみたいなギリシャ文字)は何?読み方やどのような場面で使用するのか?

それではたまにみかけるtみたいな文字について解説していきます。

結論からいいますと、このtみたいな記号はτ(タウ)と呼ばれるギリシャ文字です。

大文字のタウはさらにローマ字のT(ティー)と似ており、Τと表記します。

このτという記号は主に

・経済分野における税率
・材料力学におけるせん断応力
・電気分野における時定数

などを表す記号として使用します。

このtみたいな文字を見かけましたら、それが本当にtか、tに似たこのタウというギリシャ文字かを確認するといいですね。

uみたいな記号(uに似た単位)の意味や読み方は?何を表すのか?

続いて、uみたいな記号についても確認していきます。

このuみたいな記号を目にするケースが多いですが、これはμというギリシャ文字を指しています。読み方はマイクロもしくはミューであり、u(ユー)の左側の線を伸ばしたものがこのμ(マイクロもしくはミュー)に相当するといえます。

このuみたいな単位のμ(マイクロ)の意味は、

・1000000分の1

を表す接頭単位を意味しています。

たとえば、1μgであれば、0.00001gに対応するわけです。同様に1μmであれば、0.00001gと変換できます。

一方でミューと読む場合のμ(uみたいな記号)は

・物理における粘性(粘度)
・エネルギー効率

を表す記号として使われていることが多いですね。

sに似た記号(sに縦線やなど)

さらには、sに似た記号としては、∫(インテグラル)、§、$(ドル)などが挙げられます。特に最後のsに縦線の$はかなりよく出てくるsに似た記号であるため、覚えておきましょう。

ちなにみ、∫(インテグラル)は数学における積分を表す記号がとして使用されることが代表的です。

$(ドル)はアメリカにおける通貨のため有名ですね。

nみたいな記号の意味や読み方は?

さらには、nみたいな記号についても確認していきましょう。

nに見えるがnではない記号で有名なものにη(読み方:イータ)が挙げられます。

このnみたいなギリシャ文字であるηは、

・エネルギー効率
・粘性係数

を意味する記号として使用されるケースが多いです。

こちらもnの左の棒が長いことを理解しておくといいです。

 

 

 

まとめ sに似た記号(sに縦線やなど)やnみたいな記号は何か?tみたいな記号(tみたいなギリシャ文字)、uみたいな記号(uに似た単位)は?

ここでは、sに似た記号(sに縦線やなど)やnみたいな記号は何か?tみたいな記号(tみたいなギリシャ文字)、uみたいな記号(uに似た単位)は何かについて確認しました。

ギリシャ文字が出てくる機会は意外と多いので、この機会に理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました