【WORD】ワードで宛名ラベル枠(シート)を作成・表示する(消えた原因と対策)方法【4面・6面・10面・12面・20面・24面・差し込みなど】 | モアイライフ(more E life)
EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!

【WORD】ワードで宛名ラベル枠(シート)を作成・表示する(消えた原因と対策)方法【4面・6面・10面・12面・20面・24面・差し込みなど】

本サイトでは記事内に広告が含まれています

文書やアンケートなどさまざまな文書が作成できるワード(Word)。

ワードの機能を使いこなすことで、業務の効率化が図れます

例えば、ワードで宛名ラベルを作成したい思ったことはありませんか?

ワードなら、宛名ラベルを簡単に作成することができます。

今回は、ワードで宛名ラベル枠(シート)を作成・表示する(消えた原因と対策)方法について解説していきます。

 

スポンサーリンク

ワードで宛名ラベル枠(シート)を作成・表示する(消えた原因と対策)方法

まずはラベル用紙を購入しましょう。

ラベル用紙はAmazon・楽天市場などのネットショップや、家電量販店、文房具店等で販売しています。

サイズの異なる様々な種類のラベル用紙が販売されていますので、お好みの用紙を選択してください。

 

用紙の準備ができたら、ラベル作成を始めましょう。

ワードを起動し、「差し込み文書」タブ→「ラベル」をクリックしてください。

「封筒とラベル」ダイアログが表示されますので、「オプション」をクリックします。

 

用意したラベル用紙の「製造元」と「製品番号」を選択し、「OK」をクリックしてください。

ここでは、A-ONE・28187をサンプルとして使用します。

 

「封筒とラベル」ダイアログに戻るので、「新規文書」を選択してください。

 

準備したラベル用紙と同じサイズの枠が作成されました。

この枠に沿って、ラベルを作っていきます。

 

なお、この時、枠線が非表示になっている場合があります。

 

その場合は、「レイアウト」タブ→「グリッド線の表示」をクリックしてください。

 

グリッド線が表示されました。

このグリッド線は印刷されないので、ご安心ください。

 

宛名は1つずつ手入力することもできますが、宛先リストがある場合は、ワードの「差し込み印刷機能」で簡単に宛名ラベルを作成することができます。

まずは、エクセルで宛先リストを作成しておきましょう。

 

次にワードの「差し込み文書」タブ→「差し込み印刷の開始」→「ラベル」を選択します。

 

用意したラベル用紙の「製造元」と「製品番号」を選択し、「OK」をクリックしてください。