【WORD】ワードで変換できない(2回、スペース、漢字など)原因と対策 | モアイライフ(more E life)
EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!

【WORD】ワードで変換できない(2回、スペース、漢字など)原因と対策

本サイトでは記事内に広告が含まれています

レポート論文など様々な文書作成で活躍するWord(ワード)。

そんな便利なWord(ワード)で文書を作成している際に、変換が出来なくなり困った経験はありませんか?

 

 

本記事では、変換が出来なくなった際の原因と対策をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ワードで変換できない原因と対策1【2回しか変換できない場合】

Wordで、「2回しか変換できない」、「変換の候補がでない」、「スペースを2回押さないと変換されない」等の変換の不具合が発生した場合は、IME日本語入力のバージョンアップが原因のことがあります。

 

IME日本語入力を「以前のバージョン」にすることで解決できます。

 

(1)ウィンドウズバーの「あ」や「A」と書かれたIMEボタンを右クリック

 

(2)設定をクリック

 

(3)MicrosoftIME設定ウィンドウの「全般」をクリック

 

(4)互換性欄の「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオンにする

 

(5)ポップアップが表示された場合は「OK」を押す

 

以上、IMEのバージョンを以前のバージョンに戻すことで変換の不具合を解消できるはずです!

 

 

ワードで変換できない原因と対策2【再変換すると文字が消えてしまう場合】

 

Wordには、既に入力した文字を選択してスペースを押すことで再変換できる便利機能があります

 

この再変換をする際に文字が消えてしまう場合の解決方法です。

 

 

この原因は、「上書きモード」です。解決方法は以下のとおりです。

 

(1)Word画面下側のステータスバーを確認します。

・「上書きモード」と表示されていない場合→手順(2)へ

・「上書きモード」と表示されていない場合→手順(3)へ

 

 

(2)ステータスバーを右クリックし、「上書き入力」をクリックし、チェックをいれる。ステータスバーに「上書きモード」と表示されるようになります。

 

(3)ステータスバーの「上書きモード」をクリックし、「挿入モード」に変更する

 

これで、再変換した際に文字が消える現象は解消されます。

 

 

ワードで変換できない原因と対策3【漢字が変換候補に出ない】

Wordで文書を作成していると、なかなか変換に出てこない漢字があったり、読み方が分からない漢字を入力したかったりしますよね。

 

こういった場合は、手書き漢字検索機能を使うと便利です。

 

(1)ウィンドウズバーの「あ」や「A」と書かれたIMEボタンを右クリック

 

(2)IMEパッドボタンをクリック

 

(3)IMEパッドで、入力したい文字を手書きする