EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

馬へんに川(馴)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

漢字のスキルアップ

たくさんの漢字を見ていると、その形状はわかるものの意味・読み方・書き方などがわからずに苦労することがありますよね。

このわかりそうでわからない漢字の代表として「馬へんに川(馴)」と書くものがありますが、あなたはこの漢字の詳細を理解していますか。

ここでは、この馬へんに川(馴)の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説していきますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

馬へんに川の漢字(馴)の意味や読み方は?

それではまず馬へんに川の漢字(馴)の意味や読み方について見ていきましょう。

馬へんに川(馴)という漢字の読み方は、音読みは「クン」「シュン」「ジュン」、訓読みは「おしえ」「したがう」「なれ」と読みます。

馬へんに川(馴)という漢字は普段からはあまり見かけることのない漢字なのでどんな読み方や意味があるかを容易に理解することは難しいですね。

音読みは「クン」「ジュン」「シュン」という読み方ですが、訓読みの「訓」も「クン」と読むことから、なんとなく読み方を想像できる人もいるかと思います。

一方、訓読みは「おしえ」「なれ」「したがう」といった独特の読み方をします。

「馬」の形と「流れる水」の形(「川」の意味)から、川が一定の道筋に従って流れるように、「馬が人に従う」様子を表しています。

そこから「なれる」を意味する「馴」という漢字が成り立ちました。

読み方は難しいですが、意味や成り立ちと併せて覚えておくと分かりやすいですね。

また、同じ読みの「慣(れる)」という漢字がありますが物や経験などに使う(仕事に慣れる、寒さに慣れるなど)のに対して馬へんに川の「馴」は、人や動物に対して使う(足に馴染む、顔馴染など)と覚えておくといいです。

 

 馬へんに川(馴)の漢字の部首や画数は?

馬へんに川(馴)の漢字の部首や画数が知りたい人もいるでしょう。

馬へんに川の(馴)の部首は「馬へん」であり、画数は「13画」です。

 

馬へんに川(馴)の書き方や書き順は?

また馬へんに川(馴)の書き方(書き順)についても見ていきましょう。

馬へんに川(馴)の漢字の書き順は以下の通りです。

馬へんに川(馴)の1画目は左側の「馬」の左側の縦棒から始まります。

2画目は「馬」の一番上の横棒です。

3画目は「馬」の真ん中の縦棒です。

4画目は「馬」二本目の横棒です。

5画目は「馬」の三本目の横棒です。

6画目は「馬」の一番下の横棒から、やや左斜め下に縦棒をおろして最後にはねます。

7画目は「馬」の一番左の「止め」の部分です。

8画目は「馬」の一番左の「止め」の部分です。

9画目は「馬」の一番左の「止め」の部分です。

10画目は「馬」の一番左の「止め」の部分です。

11画目は「川」の部分で、左側の縦棒で最後にはらいます。

12画目は「川」の部分で、真ん中の縦棒です。

13画目は「川」の部分で、右側の縦棒です。

 

馬へんに川(馴)の熟語は?

馬へんに川(馴)の漢字を使った熟語は、馴致(じゅんち)、馴化(じゅんか)、馴れ馴れしい(なれなれしい)、馴鮨(なれずし)、馴れ初め(なれそめ)などがあります。

特殊な読み方として馴鹿(となかい)があります。

 

まとめ 馬へんに川(馴)の読み方や意味や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

ここでは、馬へんに川(馴)の漢字の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説しました。

漢字はややこしいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました