EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

土へんに申(坤)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

たくさんの漢字を見ていると、その形状はわかるものの意味・読み方・書き方などがわからずに苦労することがありますよね。

このわかりそうでわからない漢字の代表として「土へんに申(坤)」と書くものがありますが、あなたはこの漢字の詳細を理解していますか。

ここでは、この土へんに申(坤)の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

土へんに申の漢字(坤)の意味や読み方は?

それではまず土へんに申の漢字(坤)の意味や読み方について見ていきましょう。

土へんに申(坤)という漢字の読み方は、音読みは「コン」、訓読みは「つち」「ひつじさる」と読みます。

音読みの「コン」という読み方ですが、一見馴染みがなくて読み方を想像するのが難しそうですが、「乾坤一擲(けんこんいってき)」という四字熟語でも使われているので、比較的覚えやすいですね。

一方で訓読みの「ひつじさる」という読み方ですが、これは方位を十二支にあてて読むときに「未(ひつじ)」と「申(さる)」の中間にあたる方角のことを意味します。独特な読み方ですが、これを機会に覚えておきましょう。

土へんに申(坤)という漢字には、土や大地の意味があります。

また、古代中国の占戦術である易の八卦(はっけ)の中の一つであり、自然界では「地」、人では「母」や「妻」、「皇后」を表し、方位では南西のことを意味しています。

八卦には「乾(けん)」という言葉がありますが、「坤」に対するものとして使われており、自然界では「天」、人では「父」「家長」、「君主」を表し、方位は北西の意味しています。併せて覚えておくとより理解が深まりますね。

また、土へんに申(坤)を始めとして漢字全般の意味では、前後の文脈や使われる熟語などによっても変化すると覚えておくといいです。

 

土へんに申(坤)の漢字の部首や画数は?

土へんに申(坤)の漢字の部首や画数が知りたい人もいるでしょう。

土へんに申の(坤)の部首は「土へん」であり、画数は「8画」です。

 

土へんに申(坤)の書き方や書き順は?

また土へんに申(坤)の書き方(書き順)についても見ていきましょう。

土へんに申(坤)の漢字の書き順は以下の通りです。

土へんに申(坤)の1画目は左側の「土」の上の横棒から始まります。

2画目は「土」の縦棒です。

3画目は「土」の横棒ですが、真っすぐ書くのではなく、やや斜め上になるように書きます。

4画目は「申」の「日」の部分の左の縦棒です。

5画目は「申」の「日」の部分の一番上の横棒で縦におろします。

6画目は「申」の「日」の部分の二番目の横棒です。

7画目は「申」の「日」の部分の一番下の横棒です。

8画目は「申」の真ん中の長い縦棒です。

 

土へんに申(坤)の熟語は?

さらには、土へんに申(坤)を用いた熟語についても確認していきましょう。

土へんに申(坤)を使った熟語としては、

「坤軸」

「坤徳」

あたりが代表的です。

各々の意味や読み方などについては別途こちらで解説していますので、参考にしてみてください。

 

 

まとめ 土へんに申(坤)の読み方や意味や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

ここでは、土へんに申(坤)の漢字の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説しました。

漢字はややこしいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました