EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

鹿みたいな漢字(塵)の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

漢字のスキルアップ

たくさんの漢字を見ていると、その形状はわかるものの意味・読み方・書き方などがわからずに苦労することがありますよね。

このわかりそうでわからない漢字の代表として「鹿みたいな漢字(塵)」と書くものがありますが、あなたはこの漢字の詳細を理解していますか。

ここでは、この鹿みたいな漢字(塵)の漢字の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

鹿みたいな漢字(塵)の意味や読み方は?

それではまず鹿みたいな漢字(塵)の意味や読み方について見ていきましょう。

鹿みたいな漢字(塵)という漢字の読み方は音読みで「ジン」「チン」「テン」「デン」、訓読みで「ちり」となります。

訓読みの「ちり」は日常でも遣うことのある言葉ですね。

「ちり」という言葉は多くの方がご存じのとおり、「ごみ」「ほこり」などといった小さなゴミ類を表わします。

このように、鹿みたいな漢字(塵)は「よごれ」「けがれ」といった汚いものを表わす時に用いられる漢字で、それが転じて「俗世間」という世間一般の世知辛さを表わすこともあります。

この漢字が用いられる言葉としておそらく一番よく聞くのは「みじん切り」かと思います。

ひらがなで書くことの多い「みじん切り」は、漢字で書くと「微塵切り」となり、「かすかなチリのようにこまかく切り刻む」という意味になります。

また、小さく粉々に散らばるという意味の「こっぱみじん」という言葉もよく知られているかと思いますが、こちらも漢字で書くと「木っ端微塵」となり、「塵」の漢字が遣われています。

そして街中でゴミ収集車に「塵芥車(じんかいしゃ)」と書かれているのを見たことはありませんか?

この「芥(あくた)」も鹿みたいな漢字(塵)と同じく、「ごみ」「廃物」といった意味がありますので、つまり「塵芥車」は「ゴミ収集車」となります。

鹿みたいな漢字(塵)は一見むずかしそうですが、「みじん切り」のように日常でよくつかう言葉に用いられています。

また、ゴミやチリは生活するうえで避けて通れないものですので、身近でとても覚えやすそうですね。

 

 

鹿みたいな漢字(塵)の漢字の部首や画数は?

なお、鹿みたいな漢字(塵)の漢字の部首や画数が知りたい人もいるでしょう。

結論からいいますと、鹿みたいな漢字(塵)の部首は「つちへん」であり、画数は「14画」です。

鹿みたいな漢字(塵)の書き方や書き順は?

また鹿みたいな漢字(塵)の書き方(書き順)についても見ていきましょう。

鹿みたいな漢字(塵)の書き順は以下の通りです。

鹿みたいな漢字(塵)の1画目は「鹿」の一番上の「点」の部分から始まります。

2画目は1画目の下、左側からまっすぐの横棒を書きます。

3画目は2画目の書き始めと同じ位置から下に書いて払います。

4画目は「鹿」の中にある横棒で、まっすぐ書いて右下に折れます。

5画目は「鹿」の縦棒で短くまっすぐ下に書きます。

6画目も5画目と同様に縦棒を書きます。

7画目は「鹿」の横棒で、4画目と平行になるように書きます。

8画目は「比」の左側の「ヒ」の点で、右から左に小さく払うように書きます。

9画目は8画目の書き終わりのやや上から書き始め、縦棒を短く書き右にはねます。

10画目は「比」の右側の「ヒ」の点で、8画目と同じように右から左に小さく払うように書きます。

11画目は9画目と同じようにまっすぐ下に書き、少し横棒を伸ばして最後にはねます。

12画目は「土」の横棒でまっすぐ横に伸ばします。

13画目は「土」の縦棒で短くまっすぐ縦に書きます。

14画目は「土」の下の横棒で、12画目よりやや長めにまっすぐ横に伸ばします。

これらが、鹿みたいな漢字(塵)の書き方です。

 

鹿みたいな漢字(塵)の熟語は?

さらには、鹿みたいな漢字(塵)を用いた熟語についても確認していきましょう。

鹿みたいな漢字(塵)を使った熟語としては、

・砂塵

・塵芥

・灰塵

・微塵切り

あたりが代表的です。

各々の意味や読み方などについては別途こちらで解説していますので、参考にしてみてください。

まとめ 鹿みたいな漢字(塵)の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

ここでは、鹿みたいな漢字(塵)の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説しました。

漢字はややこしいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました