EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

虫へんに青(蜻)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

漢字のスキルアップ

たくさんの漢字を見ていると、その形状はわかるものの意味・読み方・書き方などがわからずに苦労することがありますよね。

このわかりそうでわからない漢字の代表として「虫へんに青(蜻)」と書くものがありますが、あなたはこの漢字の詳細を理解していますか。

ここでは、この虫へんに青(蜻)の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

虫へんに青の漢字(蜻)の意味や読み方は?

それではまず虫へんに青の漢字(蜻)の意味や読み方について見ていきましょう。虫へんに青(蜻)という漢字の読み方は音読みで「セイ」「ショウ」、訓読みで「とんぼ」となります。

訓読みの「とんぼ」は日常でも馴染みのある読み方ですね。音読みの「セイ」「ショウ」は熟語と合わせて覚えると良いですね。

ここで蜻の漢字の意味について説明していきます。蜻という漢字は、蜻蛉(とんぼ)という単語で良く皆さんが目にする漢字だと思います。これは、秋ごろに水辺周辺をよく飛んでいるあの、トンボのことです。

トンボは、主に青系の色が多いと認識されていることからこの、虫へんに青(蜻)は、蜻蛉という単語に使われるようになり、右側のつくりの部分が青という漢字になったという説があります。

この蜻蛉(とんぼ)という単語は、もう一つ読み方があります。蜻蛉(せいれい)です。意味はトンボと同じで読み方のみが違うので覚えておきましょう。

虫へんに青(蜻)の右側つくりの部分の下が、本来の青の漢字を構成する「月」ではなく「円」であるのは、この漢字が発祥の中国の旧字体そのものを使用しているためです。

この虫へんに青(蜻)のようにすでに知っているもの(トンボ)とのイメージを結びつけると、見慣れない漢字でも覚えやすくなりますね。

 

虫へんに青(蜻)の漢字の部首や画数は?

なお、虫へんに青(蜻)の漢字の部首や画数が知りたい人もいるでしょう。

結論からいいますと、虫へんに青(蜻)の部首は「虫へん」であり、画数は「14画」となります。

 

虫へんに青(蜻)の書き方や書き順は?

また虫へんに青(蜻)の書き方(書き順)についても見ていきましょう。

虫へんに青の漢字の書き順は以下の通りです。

虫へんに青(蜻)の1画目は虫へんの真ん中にある縦棒の部分から始まります。

2画目は虫へんの縦棒の横で、1画目と垂直に書き始め、途中で曲がり下に伸ばします。

3画目は虫へんの「口」の下の横棒となります。

4画目は虫へんの「口」を貫くようにまっすぐ下に縦棒を書きます。

5画目は虫へんの「口」を貫いて書いた縦棒の下に、やや右上がりに横棒を書きます。

6画目は虫へんの縦棒の下に書いた横棒にやや長めに点を書きます。

7画目は青の一番上の一本目の横棒を書きます。

8画目は青の二本目の横棒を少し短く書きます。

9画目は青の三本目の横棒を一番長く書きます。

10画目は青の上三本引いた横棒を貫き、一番下の横棒は貫かないように縦棒を引きます。

11画目は青の下部分、縦棒を書きます。

12画目は11画目に引いた縦棒に垂直に横に書き、途中で曲がり下に下ろし最後跳ねます。

13画目は11画目、12画目で書いたところの内部、真ん中から上半分に縦棒を短く引きます。

14画目は13画目に引いた縦棒の下に横棒を書きます。

これらが虫へんに青(蜻)の書き方です。

 

虫へんに青(蜻)の熟語は?

虫へんに青(蜻)を用いた熟語について確認していきましょう。

虫へんに青(蜻)を使った熟語としては、

・蜻蛉(とんぼ)

・蜻蛉(かげろう)

あたりが代表的です。

各々の意味や読み方などについては別途こちらで解説していますので、参考にしてみてください。

 

まとめ 虫へんに青(蜻)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

ここでは、虫へんに青(蜻)の漢字の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説しました。

漢字はややこしいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました