EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

月へんに支える(にくづきに支)(肢)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

漢字のスキルアップ

たくさんの漢字を見ていると、その形状はわかるものの意味・読み方・書き方などがわからずに苦労することがありますよね。

このわかりそうでわからない漢字の代表として「月へんに支える(にくづきに支)(肢)」と書くものがありますが、あなたはこの漢字の詳細を理解していますか。

ここでは、この月へんに支える(にくづきに支)(肢)の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

月へんに支える(にくづきに支)(肢)の意味や読み方は?

それではまず月へんに支える(にくづきに支)の漢字(肢)の意味や読み方について見ていきましょう。なお、この漢字の部首は、厳密には「にくづき」が正しいですが、多くの人が検索している「月へんに支える」という記載で話を進めていきます。

月へんに支える(にくづきに支)(肢)という漢字の読み方は音読みで「シ」、訓読みで「てあし」となります。

音読みの「ヒ」という読み方ですが、「腓」という漢字単体からすると一見馴染みがなくて読み方が難しいように感じますね。しかし、右側の「非」が「ヒ」と読むことから、その読み方を容易に想像ができるのではないでしょうか。

一方、訓読みでは「てあし」と読みます。「てあし=手足」のイメージが強く、「肢」という漢字一文字で「てあし」と読むのはなかなか想像しにくいですが、これを機会に覚えておくと良いですね。

月へんに支える(にくづきに支)(肢)の意味は、読み方の通り「手足」という意味が代表的です。このほか、「本体から分かれ出た部分」といった意味もあります。

「支」には「分かれる」という意味があり「肉体が枝分かれする=手足」となっており、後に解説の熟語「下肢」などとして使用されているのです。

他にも「分かれる」という意味から派生して「選択肢(せんたくし)」などといった使われ方をするようになったのです。

肢の部首は「月(にくづき)」となりますが、もともと「肉」という漢字を簡略化して「月」となったものです。そのため、体に関する漢字に「月」が使われている場合、「にくづき」となります。

一方で、「月へん」「月」は月や時間に関する漢字の部首になり、上記の「にくづき」とは区別して使われています。

同じ「月」という部首でも成り立ちが違うため、どのような使い方をしているかしっかりと見極める必要があります。

 

月へんに支える(にくづきに支)(肢)の漢字の部首や画数は?

月へんに支える(にくづきに支)(肢)の漢字の部首や画数が知りたい人もいるでしょう。

先ほども解説しましたが、月へんに支える(にくづきに支)の(肢)部首は「にくづき」であり、画数は「8画」です。

月を使った部首は「月へん(つきへん)」「月(つき)」「月(にくづき)」がありますが、ここでは体に関する漢字のため、「月(にくづき)」となります。注意しておきましょう。

 

月へんに支える(にくづきに支)(肢)の書き方や書き順は?

また月へんに支える(にくづきに支)(肢)の書き方(書き順)についても見ていきましょう。

月へんに支える(にくづきに支)の漢字の書き順は以下の通りです。

月へんに支える(にくづきに支)(肢)の1画目は月の左側の払い部分から始まります。

2画目は「月」の一番上の横棒から、縦におろします。

3画目は「月」の二番目の横棒です。

4画目は「月」の三番目の横棒です。

5画目は「支」の上の横棒です。

6画目は「支」の上の縦棒です。

7画目は「支」の下の「又」の部分で、横棒を引いて右から左に払います。

8画目は「支」の下の「又」の部分で、左から右に払います。

 

これらが、月へんに支える(にくづきに支)(肢)の書き方です。

 

月へんに支える(にくづきに支)(肢)の熟語は?

さらには、月へんに支える(にくづきに支)(肢)を用いた熟語についても確認していきましょう。

月へんに支える(にくづきに支)(肢)を使った熟語としては、

「下肢」

「肢体」

「選択肢」

あたりが代表的です。

各々の意味や読み方などについては別途こちらで解説していますので、参考にしてみてください。

まとめ 月へんに支える(にくづきに支)(肢)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

ここでは、月へんに支える(にくづきに支)(肢)の漢字の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説しました。

漢字はややこしいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました