EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

貝へんに易の漢字(賜)の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

漢字のスキルアップ

たくさんの漢字を見ていると、その形状はわかるものの意味・読み方・書き方などがわからずに苦労することがありますよね。

このわかりそうでわからない漢字の代表として「貝へんに易(賜)」と書くものがありますが、あなたはこの漢字の詳細を理解していますか。

ここでは、この貝へんに易(賜)の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

貝へんに易(賜)の漢字の意味や読み方は?

それではまず貝へんに易の漢字(賜)の意味や読み方について見ていきましょう。

貝へんに易(賜)という漢字の読み方ですが、音読みは「シ」、訓読みは「たまわ(る)」「たま(う)」や「たまもの」と読みます。

訓読みは「たまわ(る)」「たま(う)」「たまもの」といった読み方をします。普段あまり使うことばでは無いですが、「たまわ(る)」は中学校で習う読みのレベルの漢字ですので、読める方も多いでしょう。

音読みの「シ」という読み方ですが、普段熟語として使うことがなく難しい読み方ですね。漢字の意味と併せて覚えておくと分かりやすいですので、漢字の意味について説明していきます。

まず、この貝へんに易(賜)の漢字の左側のへんの貝という漢字は、「貨幣」、「財産」といぅた意味を持つ文字です。右側のつくりの易という漢字は、とかげの象形文字で、とかげが、尻尾(しっぽ)を切ってすぐに逃げてしまうことから、やさしいという意味に変化したのです。

2つの言葉がが併わさり、目上の人が目下の人に対して財産を与える、すなわち訓読みの「たま(う)」の意味を持つようになりました。訓読みの「たまもの」は耳にする言葉ですが、「恩恵や祝福として与えられたもの」、「結果としてあらわれたよいもの」という意味を持ちます。

お金に関連する漢字には「財」、「貨」、「贈」、「賄」などがありますが、「貝」という字が含まれるものが多いですね。これは、古くは紀元前の中国に遡る話で、かつてはて貝の一種がお金の代わりに使われていたことが由来だと考えられています。

 

貝へんに易(賜)の漢字の部首や画数は?

貝へんに易(賜)の漢字の部首や画数が知りたい人もいるでしょう。

貝へんに易(賜)の部首は「貝へん」であり、画数は「15画」です。

貝へんに易(賜)の書き方や書き順は?

また貝へんに易(賜)の書き方(書き順)についても見ていきましょう。

貝へんに易(賜)の漢字の書き順は以下の通りです。

貝へんに易(賜)の1画目は貝へんの左側にある縦棒の部分から始まります

2画目は貝へんの縦棒の横で、1画目と垂直に書き始め、途中で曲がり下に伸ばします。

3画目は貝へん中の一本目の横棒です。

4画目は貝へんの中の二本目の横棒です。

5画目は貝へんの一番下の横棒です。

6画目は貝へんの「目」の下側の左側の縦棒です。

7画目は貝へんの「目」の下側の右側の縦棒です。

8画目は「易」の左上の縦棒です。

9画目は「易」の一番上の横棒です。右に向けて書き、下に向けて折り曲げて書きます。

10画目は「易」の二番目の横棒のです。

11画目は「易」の三番目の横棒のです。

12画目は、易の「勿」の一番左の縦棒です。左下に向けて斜めに書きます。

13画目は、易の「勿」の一番上の横棒です。右に向けて書き、下に向けて折り曲げて書きます。

14画目は「勿」の左から二番上の縦棒です。左下に向けて斜めに書きます。

15画目は「勿」の左から三番上の縦棒です。左下に向けて斜めに書きます。

これらが貝へんに易(賜)の書き方です。

貝へんに易(賜)の熟語は?

さらには、貝へんに易(賜)を用いた熟語についても確認していきましょう。

貝へんに易(賜)を使った熟語は

・恩賜(おんし)

などがあげられます。

各々の意味や読み方などについては別途こちらで解説していますので、参考にしてみてください。

 

まとめ 貝へんに易(賜)の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

ここでは、貝へんに易(賜)の漢字の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説しました。

漢字はややこしいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました