EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

糸へんに非(緋)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

漢字のスキルアップ

たくさんの漢字を見ていると、その形状はわかるものの意味・読み方・書き方などがわからずに苦労することがありますよね。

このわかりそうでわからない漢字の代表として「糸へんに非(緋)」と書くものがありますが、あなたはこの漢字の詳細を理解していますか。

ここでは、この糸へんに非(緋)の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

糸へんに非の漢字(緋)の意味や読み方は?

れではまず糸へんに緋の漢字(緋)の意味や読み方について見ていきましょう。

糸へんに非(緋)という漢字の読み方は音読みで「ヒ」、訓読みで「あか」となります。

訓読みでの「緋」にはまれに送り仮名がつくことがあるので注意しましょう。

「緋」とは、燃える炎のような濃く明るめの赤色のことであり、「緋色」と表現することもあります。炎のような、鮮やかで明るい活力のあるような赤色や紅色として使用されているようです。

緋色のイメージは以下の通り。

また、「緋」自体に「緋色の」という意味も持つことから、その後に名詞が直接付き、「緋鯉(緋色の鯉)」「緋衣(緋色の衣服)」などと表現することが多いです。

緋色は英名では「スカーレット」または「スカーレットレッド」とも呼ばれていますが、いるようです。英名のスカーレットの場合では、以下のように若干黄色っぽい赤色を指す割合が高いです。

糸へんに非(緋)を始めとして漢字全般の意味では、前後の文脈や使われる熟語などによっても変化すると覚えておくといいです。

 

糸へんに非(緋)の漢字の部首や画数は?

なお、糸へんに非(緋)の漢字の部首や画数が知りたい人もいるでしょう。

結論からいいますと、糸編に非の(緋)の部首は「いとへん」であり、画数は「14画」です。

糸へんに非(緋)の書き方や書き順は?

また糸へんに非(緋)の書き方(書き順)についても見ていきましょう。

糸編に非の漢字の書き順は以下の通りです。

糸へんに非(緋)の1画目がいとへんの一番左上の曲がった線になります。

2画目は1画目のすぐ下にある曲がった線です。

3画目は2画目と合わせてカタカナの「ム」のように書きます。

4画目は糸へんの下のほうにある縦棒です。

5画目は糸へんの縦棒の左側にある点です。

6画目は糸へんの縦棒の右側にある点です。

7画目は数字が青色になっている部分である左側の縦棒にあたりますね。

8画目は7画目の縦棒にくっつけるようにして一番上の横棒を書きます。

9画目は8画目のすぐ下の真ん中にあたるようにして横棒を書きます。

10画目は7画目の縦棒の一番下になる横棒です。

11画目は数字が青色である部分の左側の縦棒になります。

12画目は11画目の縦棒にくっつけるようにして一番上の横棒を書きます。

13画目は12画目のすぐ下の真ん中に当たるようにして横棒を書きます。

14画目は11画目の縦棒の一番下になる横棒です。

これらが、糸へんに非(緋)の書き方です。

 

糸へんに非(緋)の熟語は?

さらには、糸編に非(緋)を用いた熟語についても確認していきましょう。

糸へんに非(緋)を使った熟語としては、

・緋色

・緋桜

あたりが代表的です。

各々の意味や読み方などについては別途こちらで解説していますので、参考にしてみてください。

 

 

なお、他の糸へんの漢字の意味や読み方についても以下で解説していますので、併せて確認・学習してみてください

 

 

 

まとめ 糸へんに非(緋)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

ここでは、糸へんに非(緋)の漢字の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説しました。

漢字はややこしいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました