スポンサーリンク

コピーの倍率はルートを付ける?141%の意味は?倍率の2倍や4倍は何パーセント?10倍は何パーセントでやり方は?【拡大コピーなど】

Excel・英語以外のスキルアップ

私たちが生活している中でよく数値の倍率計算が求められることがあります。

例えば、コピー印刷時にこの知識が必要となることがありますが、倍率の2倍や4倍は何パーセントに設定すればいいのか理解してますか。

ここではコピーの倍率の関係する疑問として頻出の「コピーの倍率はルートを付ける?」「倍率の141%の意味は?」「倍率の2倍や4倍は何パーセント?」「拡大コピーの10倍は何パーセントでやり方は?」について解説していきます。

スポンサーリンク

コピーの倍率はルートを付ける?141%の意味は?

それでは色々と複雑であるコピーの倍率の知識を整理していきましょう。

まずコピーの倍率とは、基本的に「元の容姿の縦と横の長さ両方ともに対して~倍にする」という意味を持ちます。

つまり拡大倍率を2倍にするのとなると、元の縦・横の長さに対して縦方向にも、横方向にも2倍となると理解しておくといいです。以下のイメージ図のように「2倍の倍率」では面積ベースで考えますと4倍の大きさとなるわけです。

面積ベースで2倍の拡大倍率にしたいのであれば、指定するコピーの倍率としてはその数値にルートをつけたものになります。

例えば面積を2倍で拡大コピーするには、倍率はルート2 =約1.41 = 141% を指定するといいです。

141%のような中途半端な数値がコピーの倍率となっているのには、このような理由があるといえますね、

 

倍率の2倍や4倍は何パーセント?【拡大コピー】

上のようにコピーの倍率の2倍とは、縦方向、横方向に2倍する操作であり、面積は4倍となります。

コピー機によって2倍に拡大したいのであれば、200%を指定しましょう。通常の倍率と百分率の関係にて変換すればいいです。

さらには、倍率を4倍などとして拡大したいこともあるでしょう。この場合には4倍=400パーセントを選んでください。

なお、基本的にコンビニ等においてある性能の高いコピー福後雪であってもこの4倍の拡大率が限界のことが多いので、これ以上の10倍印刷などをしたいのであれば少し工夫が必要になってきます。

10倍は何パーセントでやり方は?【拡大コピーなど】

また拡大率10倍などと非常に大きくしてコピーしたいこともあるでしょう。

この10倍に拡大コピーするにはパーセント表記としては、1000%を指定する必要があります。ただ上述のようコンビニなどの複合機であっても基本的に拡大倍率の上限は400%程度です。

そのため10倍を意味する1000%を指定するには、400 × 250 %のように2段階に分けて、拡大コピーする必要があると理解しておくといいです。

これがコピーにて10倍にするやり方となります。

 

まとめ 拡大コピーにて10倍のやり方は?倍率の2倍や4倍は何パーセント?

ここでは、コピーの倍率はルートを付ける?141%の意味は?倍率の2倍や4倍は何パーセント?10倍は何パーセントでやり方は?などのコピーの拡大・縮小に関する疑問の答えを記載しました。

コピーの倍率では基本的に縦・横のサイズを~倍とするものであり、面積を~倍とするにはルートをつけた倍率を指定する必要があると理解しておくといいです。

倍率に関する知識を身に着け、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました