スポンサーリンク

「5台の機械で製品を作ると・・の問題」「井戸からの脱出のクイズ」「ジュースの空き缶5本集めると・・の問題」の解き方と答え

Excel・英語以外のスキルアップ

私たちが生活している中でよく論理的な思考(ロジカルシンキング)が必要となることがあります。

ただ実際にそのような場面に遭遇したとしても、普段から論理的思考を身につけていないと処理できないことが、クイズ等を通してその力を鍛えておくといいです。

ここでは、代表的なクイズの問題である「5台の機械で5個の製品を作ると5分かかります.さて 100台の機械で100個の製品を作ると何分かかるでしょうか」「井戸からの脱出のクイズ問題」「ジュースの空き缶五本集めると 新品のジュース一本交換してもらえる 今あなたは新品のジュースを200本もっている。さて、あなたは何本ジュースを 飲めるだろうか?」の解き方について確認していきます。

スポンサーリンク

5台の機械で5個の製品を作ると5分かかります。さて 100台の機械で100個の製品を作ると何分かかるでしょうか

それでは、論理的なクイズの代表問題である「5台の機械で5個の製品を作ると5分かかります.さて 100台の機械で100個の製品を作ると何分かかるでしょうか」という設問の解き方と解答を確認していきます。

このような問題では、いくつかのパラメータを固定した上で計算を進めていくのが有効的です。

今回では

・5台の機械で5個の製品を作ると5分かかります

の条件にて5分の部分を固定して考えてみます。

すると「5分間にて1台の機械では1個の製品を作れる」という機会の性能が見えてくるわけです。

これがこの論理クイズのポイントになっています。

続いて問題の方に移行しますと、100台で100個の製品を作る時間を求めていくのですが、結局のところ1台当たりでは1個の製品を作るための時間を計算すれないいことになります。
これは上の前提条件そのものと同じことになるので、100台の機械で100個の製品を作ると何分かかるでしょうかという問いに対して、「5分間が答え」となるのです。

 

井戸からの脱出のクイズ問題

この井戸からの脱出クイズの問題も有名なクイズとして知られています(以下で元の問題の数値を変えた問題としています)。

概要としては「ある人が井戸に15mの井戸に落ちてしまい、1時間で3m上った直後には必ず2m落ちるということを繰り返す際の、井戸からの脱出にかかる時間は?」という問題です。

1時間において3m上がった後に2m落ちるから実質1時間に1m上っていると考え、

15 ÷ 1 = 15時間

が正解と考えがちですが、これは間違いです。

 

特に井戸からの脱出付近の様子を確認してみましょう。

具体的には途中までは1時間あたり1mずつ進んでいき、12時間立ち下から12m分進んだ後をチェックします。

ここで、12mの後の1時間にて「一度3m分上がる」ためこの時点で15m分上昇でき、井戸からの脱出ができたことになるわけです。

つまりは12 + 1 = 13時間がこの問題の答えとなるのです。

ひっかけ問題の代表といえますので、この機会に覚えておくといいです。

 

ジュースの空き缶5本集めると・・の問題

 

まとめ 「井戸からの脱出のクイズ」や「5台の機械で製品を作ると・・の問題」の解き方は?

ここでは、代表的なクイズの問題である「5台の機械で5個の製品を作ると5分かかります.さて 100台の機械で100個の製品を作ると何分かかるでしょうか」「井戸からの脱出のクイズ問題」「ジュースの空き缶五本集めると 新品のジュース一本交換してもらえる 今あなたは新品のジュースを200本もっている。さて、あなたは何本ジュースを 飲めるだろうか?」の解き方について確認しました。

基本的にはひっかけにかからないよう丁寧に問題の意図をくみ取り、処理すれば正解できます。

各種クイズを多く解き、論理的思考を身に着けることでさらに毎日を楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました