スポンサーリンク

砂と水ではどっちが重いか?鉄と銅ではどっちが重いか?鉄と鉛ではどっちが重いか?

Excel・英語以外のスキルアップ

私たちが生活している中でさ、ある物質とある物質に着目したときに「どっちが重いのか」知りたくなることがあるでしょう。

この時、各物質同士の密度を比較すれば同じ体積における重さ(重量)の違いもが理解できるわけです。

中でもここでは身近な物質として比較することが多い、砂と水、鉄と銅、鉄と鉛ではどっちが重いのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

砂と水ではどっちが重いか?【砂と水の比重(密度)は?】

それではまず砂と水ではどっちが重いか?について考えていきましょう。

結論からいいますと、同じ体積の場合砂の方が水よりも重いです。

上にて密度、比重を比べることによって説明できると記載しましたが、

・砂の密度は約1.4~2.0g.cm3程度

・水の密度は約1.0g/cm3

のために、砂の方が重いことがわかりました。

なお砂といってもその種類や水分量などによって密度(比重9は大きく変化し、湿っているものほど密度が大きいと理解しておくといいです。

鉄と銅ではどっちが重いか?

今度は金属として代表的な鉄と銅ではどちらが重いのかについても確認していきます。

鉄と銅では、同じ体積の場合、銅の方が重いです。

これは鉄の密度(真密度)が約7.8~7.9g/cm3(比重7.8~7.9)であり、銅の密度が約8.5~8.6g/cm3(比重8.5~8.6)のことからも説明できます。

ぱっと見では鉄の方が重厚感が強いため重そうに感じやすいですが、上のような澪都度(比重)の関係になることを覚えておきましょう。

鉄と鉛ではどっちが重いか?

最後に鉄と鉛ではどちらが重いかについても確認していきます。

同じ体積の場合、鉛の方が鉄よりも重いです。

上にて密度、比重を比べることによって説明でき、

・鉄の密度(真密度)が約7.8~7.9g/cm3(比重7.8~7.9)

・鉛の密度が約11.3g/cm3(比重11.3)のことからも説明できます。

となるために、鉄の方が重いわけです。

鉛電池などで有名な鉛ですが、やはりかなりの重さであることを理解しておくとよさそうですね。

まとめ 鉄と鉛ではどっちが重いか?鉄と銅ではどっちが重いか?砂と鉛ではどっちが重いか?

ここでは砂と水ではどっちが重いか?鉄と銅ではどっちが重いか?鉄と鉛ではどっちが重いか?ついて解説していきます。・水より砂の方が重い

・鉄より銅の方が重い

・鉄より鉛の方が重い

といえます。

さまざまな物質における「どっちが重いか」を理解し、毎日の生活を楽しんでいきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました