スポンサーリンク

「拝受しました」「拝受いたしました」「受け取らせていただきます」「お受け取りさせていただきます」は正しい敬語?二重敬語?

ビジネスにおいて敬語の使い方は意外と難しいものです。

そして、敬語の使用方法がおかしいと相手に不快な思いをさせるケースもあるため適切な敬語の使い分けを身につけておくといいです。

中でもここでは「拝受しました」「拝受いたしました」「受け取らせていただきます」「お受け取りさせていただきます」などの表現は敬語として正しいかどうかの判断が困難であり、以下で詳細を確認していきます。

 

スポンサーリンク

拝受しましたは正しい敬語?二重敬語ではない?

結論からいいますと「拝受しました」は正しい敬語です。

ビジネスシーンでよく使われる謙譲語(身分が上の人にへりくだって使う言葉)です。

「拝受しました」は資料を受け取った際や、メールを受信した際に「受け取りました」という意味で使います。

同義の言葉に、「お受け取りしました」という表現もありますが、「拝受しました」はより硬い表現で、フォーマルな印象になります。

 

たとえば、以下のような使い方ができます。

 

「先日発行をお願いした御見積書を、本日拝受しました。ご多用のところ、早々にご対応いただきましてありがとうございます。」

「先程、いただいたメールを拝受しました。早速手配させていただきます。よろしくお願いいたします。」

「ご用意いただいた資料を、確かに拝受しました。社内で検討し、近日中にご返答させていただきます。」

 

拝受いたしましたは正しい敬語?おかしい?

「拝受いたしました」は二重敬語となり、文法的には誤りであるといえます。

「受け取る」の謙譲語である「拝受」に、「する」の謙譲語「いたす」が組み合わされているからです。

しかし、ビジネスシーンでは「拝受いたしました」は日常的に使われている表現です。

「拝受しました」よりもさらにへりくだった表現のため、より敬意を示したいときに用いられます。

 

以下のように使われます。

「先日お送りいただいた請求書を拝受いたしました。〇日までに、ご指定の口座にお振込みいたします。」

「先日ご送付いただいた新製品のカタログを拝受いたしました。弊社の既存の設備は老朽化が進んでいるため、近日中に新調する必要があり、貴社の製品を検討させていただきました。つきましては、〇〇(製品名)のお見積りをお願いしたく存じます。」

 

 

受け取らせていただきますは正しい敬語?二重敬語ではない?

「受け取らせていただきます」は、「受け取る」に「させていただく」という謙譲語を組み合わせた、文法的には正しい敬語です。

そのため、間違いとは言えませんが、少し冗長な表現になります。

 

ビジネスシーンでは、先に紹介した「お受け取りしました」「拝受いたしました」のような簡潔な表現を用いるとよいでしょう。

 

また、金銭や物品を受け取った場合は「受領いたしました」という表現を使うこともできます。

 

「受領いたしました」の使用例は以下のとおりです。

「先日購入した商品を、受領いたしました。」

「先日、お振込みいただいた商品代金を確かに受領いたしましたので、受領書を発行いたします。」

 

 

お受け取りさせていただきますは正しい敬語?おかしい?

「お受け取りさせていただきます」は、「受け取る」に、「お~する」と「させていただく」の二つの謙譲語の表現が組み合わさった二重敬語となり、誤った表現です。

しかも上述の「受け取らせていただきます」よりも、さらにまわりくどい表現で、卑屈な印象さえ感じてしまいます。

 

やはり、「お受け取りしました」や「拝受いたしました」のような簡潔な表現を使うのが適切です。

丁寧な印象を与えるための敬語も、過剰に使いすぎると逆効果になるということを意識しましょう。

 

まとめ 「受け取らせていただきます」「お受け取りさせていただきます」は正しい敬語?二重敬語?

ここでは、「拝受しました」「拝受いたしました」「受け取らせていただきます」「お受け取りさせていただきます」は正しい敬語?二重敬語?について解説しました。

敬語はその表現に慣れていないとうまく使えないため、この機会に身に着けておくといいです。

さまざまな敬語表現を学び、日々の業務に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました