EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

「お忙しいところ申し訳ありませんが~」「お忙しいところお手数をおかけして申し訳ありません~」「お忙しいところすみませんと上司に言うこと」はおかしい表現か?【ビジネス(メール等)における正しい敬語】

Excel・英語以外のスキルアップ

ビジネスにおいて敬語の使い方は意外と難しいものです。

そして、敬語の使用方法がおかしいと相手に不快な思いをさせるケースもあるため適切な敬語の使い分けを身につけておくといいです。

中でも「お忙しい所申し訳ありませんが~」「お忙しいところお手数をおかけして申し訳ありません」「お忙しいところすみませんと上司に言うこと」などはビジネスでの言葉の使い方として正しいかどうかの判断が困難であり、以下で詳細を確認していきます。

スポンサーリンク

「お忙しいところ申し訳ありませんが~」という表現はおかしい?【ビジネスにおける正しい敬語】

それではまずビジネスメールにおける「お忙しいところ申し訳ありませんが~」という表現がおかしいのかどうかについて確認していきます。

結論からいいますとこの「お忙しい所申し訳ありませんが~」という言い回しはおかしくない、正しい敬語といえます。多くの人が使っていることからも、このことはわかりやすいでしょう。

「お忙しい所申し訳ありませんが~」は、相手が忙しい中にこちらの要望に対して対処してくれることに対するねぎらいを込めた前置きの言葉という意味があります。

そのため、使い方の例文としては

・お忙しい所申し訳ありませんが、ご対応のほどよろしくお願いいたします
・お忙しい所申し訳ありませんが、ご調整のほどよろしくお願いいたします
・お忙しい所申し訳ありませんが、ご確認のほどよろしくお願いいたします

などと使うといいです。後に続ける言葉によって、こちらの要望を伝えるようにしましょう。

さらに「お忙しい所申し訳ございませんが」と表現するとさらに丁寧な言い回しになるので、場面によって使い分けるといいです。

 

「お忙しいところお手数をおかけして申し訳ありません」は正しい敬語?【メール】

さらには「お忙しいところお手数おかけして申し訳ありません」という表現が正しいのかどうかについても確認していきます。

こちらのお忙しいところお手数おかけして申し訳ありませんは敬語的にはおかしくない言い回しといえます。

ただ使用する状況を選ぶ必要があり、こちらのミスなどによって相手にかける負担が大きくなった場合など、申し訳ないという「謝罪が必要な場合のみ」に使用するといいです。

申し訳ないという言葉を使うまでもない場合では、「お忙しい所お手数おかけしますが何卒よろしくお願いいたします」あたりの表現にしておくようにしましょう。

「お忙しいところすみませんと上司に言うこと」はおかしい?【ビジネスにおける正しい敬語】

他にも似たようなビジネス言葉として「お忙しいところすみません」などと言うこともありますが、こちらは状況によって使っていかどうかが変化します。

上司などの目上の人に対して「お手数おかけしてしまい、謝罪の念もこめた挨拶をしたい」ときはお忙しいところすみませんよりも「お忙しい所申し訳ございません」などと表現した方がいいです。

ただ上司との関係が深く、フランクに対応してもいい状況であれば、上のお忙しいところすみませんを使ってもいいでしょう。

他にも目下の人や同僚などであっても基本は相手との関係性を元に、うまく使い分けていくようにするといいです。

まとめ 「お忙しいところすみませんと上司に言うこと」「お忙しいところ申し訳ありませんが~」「お忙しいところお手数をおかけして申し訳ありません~」はおかしい表現か?【ビジネスにおける正しい敬語】

ここでは「お忙しい所申し訳ありませんが~」「お忙しいところお手数をおかけして申し訳ありません」「お忙しいところすみませんと上司に言うこと」がビジネスにおいて使っても問題ないかについて解説しました。

・お忙しいところ申し訳ありませんが~:使用しても問題ない
・お忙しいところお手数をおかけして申し訳ありません:謝罪のニュアンスを込めたい時には使っていいが、そうでない場合は「お忙しい所お手数おかけしますがよろしくお願いいたします」と言う方が好ましい
・お忙しいところすみませんと上司に言うことは厳密な敬語としてはおかしいが、結局は相手との関係性により使ってもいい

といえます。

各種ビジネスにおけるスキルアップをし、あなたの市場価値をさらに上げていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました