スポンサーリンク

100円玉は磁石につく?50円玉や500円玉は磁石にくっつくのか?【お金と磁性】

私たちが生活している中には面白い科学的な現象が数多くあります。

身近なものとしては「磁石にくっつくかどうか(磁性があるか)」が挙げられますが、よく使用する硬化(お金)が磁石につくかどうか知っていますか。

ここでは、中でも100円玉・50円玉・500円玉に着目してその素材の観点から磁石につくかどうか(磁性があるか)について確認していきます。

スポンサーリンク

100円玉は磁石につくか?素材は?

それではまず硬化(小銭)の中でも使用頻度が比較的高い100円玉に着目して、これが磁石にくっつくかどうかを確認していきましょう。

結論からいいますと、100円玉は普通の磁石にであればくっつきません。

基本的に身近に存在する金属の中で磁石につくものの種類としては、

・鉄
・コバルト
・ニッケル

が挙げられます。

100円玉の素材は白銅と呼ばれ銅が約75%、ニッケルが25%で構成されています。ニッケルを含むため若干の磁性はあるものその割合が少ないことから、100円玉に磁石を近づけてもくっつかないのです。

50円玉は磁石につくか?素材は?

続いて50円玉が磁石につくかどうかについても確認していきます。

結論からいいますと普通の磁石では50円玉は磁石にくっつきません。

50円玉の素材は上述の100円玉と同じように白銅です。そのため、大部分が磁性がない銅にてできているために50円玉であっても磁石につかないわけです。

100円や50円は光沢があり綺麗なことから一見すると磁石につきそうというイメージを持ちやすいですが、実際はつきませんので注意してください。

500円玉は磁石につくか?素材は?

最後に500円玉が磁石につくかどうかについても確認していきます。

結論からいいますと500円玉も磁石にくっつきません。このことについても500円玉の素材の観点から説明します。

500円玉の素材はニッケル黄銅と呼ばれるもので、約72%程度が銅で,亜鉛が20%、ニッケルが8%の素材で構成されています。

上の100円玉などと同じように、磁石につく性質をつニッケルを含むもののその割合が低いことから磁石にくっつかないのです。

 

一度実際に上の100円玉、50円玉、500円玉を磁石に近づけ、つくかどうかの実験をしておくと記憶に残りやすいのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

まとめ 500円玉は磁石につくか?50円玉や100円玉は磁石にくっつくか?

ここでは、100円玉・50円玉・500円玉に着目してその素材の観点から磁石につくかどうか(磁性があるか)について確認しました。

基本的に現在の100円玉・50円玉・500円玉ではすべて磁石につきません。これは素材的に大部分が磁石にくっつかない材料の銅でできているためです。

身の回りの科学現象を理解し、毎日の生活をもっと楽しいものにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました