【WORD】ワードで貼り付け先の書式に合わせる・出ない時の対策【ショートカットも】 | モアイライフ(more E life)
EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!

【WORD】ワードで貼り付け先の書式に合わせる・出ない時の対策【ショートカットも】

本サイトでは記事内に広告が含まれています

Word(ワード)で文書を作成する際、コピー&ペーストは使用しますか?

 

他の論文から文章を引用したり、ネット記事のリンクを記載したり、様々な場面でコピー&ペーストを利用するかと思います。

 

そんなコピペを使用する際、貼り付け先の書式に合わせたいのに、コピー元の書式が適用されて困った経験ありませんか?

 

 

 

本記事では、貼り付け先の書式に合わせてペーストする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ワードで貼り付け先の書式に合わせる方法とショートカット

①貼り付け先の書式に合わせる方法

 

(1)コピーしたい文書を選択して右クリック>「コピー」をクリック。今回の例ではネットから住所コピーします。

 

 

 

(2)Wordを開き、貼り付けたい部分にカーソルを合わせ右クリック>「テキストのみ保持」をクリック。

 

 

(3)貼り付け先の書式に合わせたペーストが出来ました!

 

②ショートカットを使った貼り付け先の書式に合わせる方法

 

一般的にペーストのショートカットは「Ctrl」+「V」ですが、この方法だと貼り付け元の書式を保持したペーストになってしまいます。

 

Wordのデフォルトでは、貼り付け先の書式に合わせたペーストのショートカットは割り当てられていないので、ショートカットの設定をする必要があります。

 

(1)Wordのリボンのどこか(どこでもOK)で右クリック>「リボンのユーザー設定」をクリック。

 

(2)ショートカットキーの右側にある「ユーザー設定」をクリック

 

(3)分類→「すべてのコマンド」を選択、コマンド→「PasteTextOnly」を選択。「割り当てるキーを押してください」の欄をクリックし、「Ctrl」+「Shift」+「V」キーを押して、「割り当て」をクリック。