スポンサーリンク

署名とサインと自署の違いや使い分けは?

Excel・英語以外のスキルアップ

私達が生活している中で似たものに出会うことがよくあります。

ただ各々の認識や違いを誤って理解・使用すると人前で恥をかいてしまうこともあり、多くの言葉を知っておく方が何かといいです。

中でもここではよく似ている言葉である「署名とサインと自署の違いや使い分け」について解説していきます。

スポンサーリンク

署名とサインの違いや使い分けは?

まず「署名とサインの違い」を理解するために「署名」について解説していきましょう。「署名」とは、自分の氏名を自ら手書きで書く事を言います。皆さんもクレジットカードを使用するときに、自分の名前を書いた経験はないでしょうか。あれはまさに「署名」という訳です。

皆さんは、契約書や領収証に名前を書く際は自分の名前を書くと思います。又、手形取引においても「署名」がない場合は無効となります。

この事から、法律上は「署名」が第1原則となっているのです。ただ、日本は長年印鑑が使用されているので、実際には「署名」だけでなく押印もなされています。よって、「署名」に加えて押印がなされた文書というのは裁判における証拠としては価値が高いものと言えます。

ちなみに「署名」とよく似た表現として「記名」という言葉があります。これは、「署名」とは全く意味が異なります。「署名」が手書きで氏名を書くのに対して、「記名」は「署名」以外の方法で自分の氏名を書く事を言います。

例えば、ワープロで自分の名前を書いたり、自分の名前が書かれた印鑑を押したりする事は「署名」ではなく「記名」となります。

次に「サイン」について解説していきましょう。結論から申し上げますと、「サイン」も「署名」も自分で名前を手書きするという意味では同じなので大した違いはありません。もっとも、「署名」はやや角張った言い方ですので、日常会話では「サイン」を使用した方がいいでしょう。

もっとも、「サイン」には有名人がファンの為に自分の名前を書く場合や何らかの信号や合図を表す場合もあります。この場合は先程の「署名」とは意味合いが異なるので注意しましょう。

 

署名と自署の違いや使い分けは?

「署名」は上述のように自分の名前を手書きで書く事を言います。しかし、日本語の中には似たような言葉で「自署」という言葉があります。では、この「自署」は「署名」とは違うのでしょうか。

「自署」とは、自分で自分の氏名を書類などに記す事を言います。従って「署名」と「自署」では意味合いが同じと言えます。しかし、日本語の中には「自書」という言葉があります。

これは、自署が「署名」を意味するものなのに対して、「自書」は自ら手書きで書くに焦点を当てた表現として使われます。よって、「自署」と「自書」では微妙に意味合いが異なると言えます。

 

まとめ

以上をまとめると以下のように言えます。

まず「署名」は自分の氏名を手書きで書く事を言い「自署」と同じ意味であると言えます。そして、「サイン」も「自署」とほぼ同じ意味ですが、「サイン」には「署名」という意味の他に有名人がファンに自分の名前を書く場合や信号や合図を表す場合もあります。

なお「署名」は自分で書いたものなので、法律上重要な事項となります。従って、仮に署名欄に無断で他人の名前を書いたりすると、「有印私文書偽造罪」や「公文書偽造罪」という犯罪が成立してしまいます。よって、署名をする際には必ず本人自身が記載するか本人の許可を得た上で記載するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました