スポンサーリンク

「召し上がっていただく」「お召し上がりになる」「食していただく」「お食べください」は正しい敬語?二重敬語?

Excel・英語以外のスキルアップ

ビジネスにおいて敬語の使い方は意外と難しいものです。

そして、敬語の使用方法がおかしいと相手に不快な思いをさせるケースもあるため適切な敬語の使い分けを身につけておくといいです。

中でもここでは「召し上がっていただく」「お召し上がりになる」「食していただく」「お食べください」などの表現は敬語として正しいかどうかの判断が困難であり、以下で詳細を確認していきます。

 

スポンサーリンク

召し上がっていただくは正しい敬語?二重敬語ではない?

結論からいいますと、「召し上がっていただく」は正しい敬語です。

このような表現は「敬語連語」といい、「食べてもらう」の「食べる」を「召し上がる」に、「もらう」を「いただく」にと、それぞれを尊敬語に変換しつなげただけの言葉なので、二重敬語にはあたりません。

 

以下のように使うことができます。

 

「昼食は、こちらの食堂で召し上がっていただけます。」

「こちらは当店の自信作ですので、是非召し上がっていただきたく存じます。」

「(仕出し屋さんに)パーティーにお越しくださったお客様に召し上がっていただくオードブルを、〇日の△時にお願いできますか。」

 

お召し上がりになるは正しい敬語?おかしい?

「お召し上がりになる」は「召し上がる」という尊敬語に、「お~になる」という尊敬語の表現まで付けているので、二重敬語になります。

しかし、「どうぞ、お召し上がりになってください」「お召し上がりください」などと、普通に使われる表現ですので、日常的に使っても問題ありません。

 

「(職場でお土産を配り)先日、〇〇に旅行に行った際に買ってきました。皆さん、よろしかったらお召し上がりになってください。」

「(レストランで)当店自慢の、〇〇(料理名)となります。どうぞお召し上がりになってください。」

 

特に、接客業の方などで、お客様に対して使う際に、「召し上がってください」だと少し敬意が足りないなと感じる方は、「お召し上がりになってください」のような表現を使うといいでしょう。

 

 

食していただくは正しい敬語?二重敬語ではない?

「食していただく」は、「食する」と尊敬語の「いただく」をつなげた言葉なので、二重敬語には当たりません。

しかし、このような表現を使うことは日常の生活シーンではありません。

専門書等で「うさぎは人参を食す」のように記載されることはあるかもしれませんが、「こちらのお弁当を食していただいて結構です。」のように使うことはありませんよね。

 

なので、敬語表現としては誤りではありませんが、一般的に使う言葉ではないといえます。

この場合は「食べていただく」という表現が一般的に使われますね。

 

しかし、「お召し上がりいただく」よりは、敬語の度合いとしては低くなります。

状況に応じて使い分けるようにしましょう。

 

なお「お召し上がりいただく」は、以下のように使用されます。

 

「(飲食店のスタッフが)こちらのスパイスをかけると、おいしくお召し上がりいただけます。」

「こちらが、多くのお客様にお召し上がりいただける当店の人気メニューでございます。」

 

 

 

 

お食べくださいは正しい敬語?おかしい?

「お食べください」は文法的には間違っていませんが、やはり「お召し上がりください」という表現を使うのが普通です。

社会人の方が「お食べください」のような表現を使うと、少し稚拙な印象になります。

 

敬語は「召し上がる」のような決まった言い回しがある場合は、そちらを使います。

 

例えば、上司に席を勧める際は、「お座りください」ではなく「おかけください」をつかいますよね。

 

同じ理由で、「お召し上がりください」「召し上がってください」のような表現を使うのが一般的です。

 

まとめ 「食していただく」「お食べください」は正しい敬語?二重敬語?

ここでは、「召し上がっていただく」「お召し上がりになる」「食していただく」「お食べください」は正しい敬語?二重敬語?について解説しました。

敬語は使い方に慣れるのが大切なため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな敬語の扱いに慣れ、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました