【Excel】エクセルで保護解除のパスワードがわからない・忘れた(ブック・シート・ファイル)時の対策 | モアイライフ(more E life)
EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!

【Excel】エクセルで保護解除のパスワードがわからない・忘れた(ブック・シート・ファイル)時の対策

本サイトでは記事内に広告が含まれています

ちらの記事では、エクセルでブック保護解除のパスワードがわからない・忘れた(ブック・シート・ファイル)時の2つの対策方法と、エクセルでシート保護解除のパスワードがわからない・忘れた時の2つの対策方法について解説していきます。

 

エクセルでブック保護解除のパスワードがわからない・忘れた(ブック・シート・ファイル)時の対策方法としては以下の通りです。

 

Google Driveを用いて解除する

拡張子を「.zip」に変更→「wordbook.xml」ファイルを編集して解除する

 

またエクセルでシート保護解除のパスワードがわからない・忘れた時の対策としては以下の通りです。

 

新しいシートを開いてコピーし、編集を続ける

Google Driveを用いて解除する

 

では実際サンプルを見ながら解説していきます。

 

スポンサーリンク

エクセルでブック保護解除のパスワードがわからない・忘れた(ファイル)時の対策1

パスワード付きで“ブックの保護”をかけた場合、パスポートを忘れてしまうとブックの編集(名前変更、移動など)ができなくなってしまいます。

 

その際には以下の手順に従ってGoogle Driveを用いると、ブックを編集することができます。

 

まずはGoogle Driveのログイン画面にアクセスし、ご自身のGoogleアカウントでログインしてください。すると以下のような画面が立ち上がります。

 

 

次に対象のエクセルファイルをドラック&ドロップで“マイドライブ”フォルダ内にアップロードします。下記では「Excel Book1」をアップロードしました。

 

続いて対象のエクセルファイル欄の右端の“→アプリで開く”→“Googleスプレッドシートで開く”をクリックしてファイルを開きます。

 

開いたファイルにて何らかの操作(文字入力、シート名変更など)をることで“ブックの保護”が解除されます。私の場合はシート名を“Budget 1”から“Budget 2”に変更しました。

 

そのままスプレッドシート上で編集いただいても良いですし、ローカルで編集したい場合は、“ファイル”→“ダウンロード”→Microsoft Excelよりローカルにダウンロードしてください。

 

エクセルでブック保護解除のパスワードがわからない・忘れた(ファイル)時の対策2

もう一つはwordbook.xmlというファイルを編集して解除する方法です。

 

まずはバックアップのために対象のエクセルファイルをコピーしてください。(今回のサンプルでは「Excel Book1」という名前のエクセルファイルを用います)