EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

赤へんに赤(赫)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

たくさんの漢字を見ていると、その形状はわかるものの意味・読み方・書き方などがわからずに苦労することがありますよね。

このわかりそうでわからない漢字の代表として「赤へんに赤の漢字(赫)」と書くものがありますが、あなたはこの漢字の詳細を理解していますか。

ここでは、この赤へんに赤の漢字(赫)意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

赤へんに赤の漢字(赫)の意味や読み方は?

それではまず赤へんに赤の漢字(赫)の意味や読み方について見ていきましょう。

赤へんに赤(赫)という漢字の読み方は音読みで「カク」、訓読みで「あか(い)、かがや(く)、さか(ん)」となります。

読み方としては訓読みの「カク」の方が熟語などでは多く使われています。

この「赫」という字ですが、真っ赤で火が燃え上がっている時の赤さを表していたり、ものすごく怒っているという激しい情景を表していたりします。

他にも光り輝く様子なども表すこともあります。

「赤」が二つ並んでいる漢字ですので、より赤いことを表しているということ、大袈裟なくらいの激しさを表している意味と覚えておくと想像しやすいのではないでしょうか(^^)

古い漢字なこともあり、今はあまり使用されることがないかもしれませんが古典などでは火災を表わしていたり、「赫々(かっかく)」と火が燃え上がるなど「赫」という字は火の強く光輝いている状態を表していることもあります。

また、小説などの文学でも

・「赫々(かっかく)」たる~~などで未来が光り輝いている情景を
・「赫々(あかあか)」と~~などで情熱溢れる情景

などと使用されていることも多く見かけます。

 

赤へんに赤(赫)の漢字の部首や画数は?

なお、赤へんに赤(赫)の漢字の部首や画数が知りたい人もいるでしょう。

結論からいいますと、赤へんに赤(赫)の部首は「赤へん」であり、画数は「14画」です。

 

赤へんに赤(赫)の書き方や書き順は?

また赤へんに赤(赫)の書き方(書き順)についても見ていきましょう。

赤へんに赤(赫)の漢字の書き順は以下の通りです。

赤へんに赤(赫)の1画目が左側の赤の土部分、上の横棒になります。

2画目は土の縦棒ですね。

3画目は下の横棒です。

4画目は下の左側、左に長くはらう縦棒です。

5画目は右側の縦棒です。

6画目は左側の短くはらう部分です。

7画目は右側の点です。

8画目は右側の赤の土部分、上の横棒です。

9画目は土の縦棒です。

10画目は下の横棒です。

11画目は下の左側、左に長くはらう縦棒です。

12画目は右側の縦棒です。

13画目は左側の短くはらう部分です。

14画目は右側の点です。

これらが、赤へんに赤(赫)の書き方です。

 

赤へんに赤(赫)の熟語は?

さらには、赤へんに赤(赫)を用いた熟語についても確認していきましょう。

赤へんに赤(赫)を使った熟語としては、

・赫赫(かくかく)

・赫灼(かくしゃく)

があります。火が燃え上がっている様子という意味から転じて、日照りの暑さを表す熟語などがあります。

各々の意味や読み方などについては別途こちらで解説していますので、参考にしてみてください。

 

 

まとめ 赤へんに赤(赫)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

ここでは、赤へんに赤(赫)の漢字の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説しました。

漢字はややこしいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました