EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

火へんに軍(煇)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

漢字のスキルアップ

たくさんの漢字を見ていると、その形状はわかるものの意味・読み方・書き方などがわからずに苦労することがありますよね。

このわかりそうでわからない漢字の代表として「火へんに軍(煇)」と書くものがありますが、あなたはこの漢字の詳細を理解していますか。

ここでは、この火へんに軍(煇)の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

火へんに軍の漢字(煇)の意味や読み方は?

それではまず火へんに軍の漢字(煇)の意味や読み方について見ていきましょう。

火へんに軍(煇)という漢字の読み方は訓読みで「かがや(く)」「ひかり」「ひか(る)」、音読みで「キ」「カン」「クン」「ケン」「コン」「ゴン」「ウン」となります。

訓読みでの煇の送り仮名が「く」や「る」だけになることに注意しましょう。

まず現代で一般的に使う「輝」という漢字は、この火へんに軍の漢字「煇」の異体字です。ただ、今では「輝」の方が多くの人になじみがあるになっていますね。

後に詳しく解説しますが、異体字として「輝」が使用されている熟語である、輝光(きこう)などの熟語にも使用されている漢字と覚えておくと、忘れにくいです!

火へんに軍と書く「煇」の意味は、美しくキラキラ光る、きらめくといった生き生きとした明るい様子を表しています。例として、「太陽が煇く」といった使い方をしたりしますね。やはり明るい様子を表している言葉なので、明るさに満ちた言葉や文章として使われることがほとんどです。

他にも、名誉や名声といった良い評判などが華やかで優れている際にも使われています。「煇かしい勝利を得る」などといった使い方をします。やはりこれも勝利という明るい意味が使われています。

このように、明るい意味として使われる漢字として覚えておくと良いですね!

火へんに軍(煇)の漢字の部首や画数は?

なお、火へんに軍(煇)の漢字の部首や画数が知りたい人もいるでしょう。

結論からいいますと、火編に軍の(煇)部首は「ひへん」であり、画数は「13画」です。

火へんに軍(煇)の書き方や書き順は?

また火へんに軍(煇)の書き方(書き順)についても見ていきましょう。

火編に軍の漢字の書き順は以下の通りです。

火へんに軍(煇)の1画目が手火へんの左側の点になります。

2画目は火へんの右側の点ですね。

3画目は火へんの縦棒です。はらいましょう。

4画目は火へんの右下の点です。

5画目は軍の右上の点ですね。

6画目は5画目のてんから右に進み、下方向に向かって止めましょう。

7画目は車の一番上の横棒です。

8画目は車の真ん中の口部分の一番左側です。

9画目は車の口部分の上から右側の下方向に向かって下げましょう。

10画目は車の口部分の真ん中の横棒ですね。

11画目は車の口部分の一番下の横棒です。

12画目は車の一番下の横棒ですね。

13画目は車の一番上から下にかけての縦棒です。

これが、火へんに軍(煇)の書き順です。

火へんに軍(煇)の熟語は?

さらには、火へんに軍(煇)を用いた熟語についても確認していきたいところですが、

現代では、「煇」ではなく「輝」を使うのが一般的だそうです。ですのでここでは「輝」を

使った熟語を紹介していきます。

「輝」を使った熟語では、

・輝岩

・輝岩

あたりが代表的です。

 

各々の意味や読み方などについては別途こちらで解説していますので、参考にしてみてください。

 

まとめ 火へんに軍(煇)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

ここでは、火へんに軍(煇)の漢字の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説しました。

漢字はややこしいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました