スポンサーリンク

「拝察する」「拝察いたします」「拝察される」「拝察申し上げます」は正しい敬語?二重敬語?

Excel・英語以外のスキルアップ

ビジネスにおいて敬語の使い方は意外と難しいものです。

そして、敬語の使用方法がおかしいと相手に不快な思いをさせるケースもあるため適切な敬語の使い分けを身につけておくといいです。

中でもここでは「拝察する」「拝察いたします」「拝察される」「拝察申し上げます」などの表現は敬語として正しいかどうかの判断が困難であり、以下で詳細を確認していきます。

 

スポンサーリンク

拝察するは正しい敬語?二重敬語ではない?

結論から言いますと、「拝察する」は正しい敬語です。

「拝察」は、「推測する」「推し量る」という意味の言葉で、こちらがへりくだって敬意を示す謙譲語になります。

また、敬語にあたるのは「拝察」の部分だけですので、二重敬語には当たりません。

 

あまり日常で使うことはありませんが、フォーマルなシーンではよく使われる言葉です。

 

具体的には以下のように使われます。

 

「このようなことになってしまい、皆さんのお気持ちを拝察すると、胸が痛みます。」

「皆様のご意見を拝察すると、Aプロジェクトは破棄する方がよろしいと考えます。」

 

拝察いたしますは正しい敬語?おかしい?

「拝察いたします」は、謙譲語である「拝察する」に、「いたします」という謙譲表現を組み合わせた二重敬語となります。

しかし、ビジネスシーンでは広く使われている表現ですので、使用しても問題ありません。

 

なお二重敬語を使うのがなんとなく記事なる場合には「拝察します」という言葉も使うことができます。

「拝察します(いたします)」は以下のように使用できます。

「今回の件で、ご心労も多かろうと拝察します(いたします)。」

「この度は、さぞ、ご苦労されたことと拝察します(いたします)。」

 

拝察されるは正しい敬語?二重敬語ではない?

さらには拝察されるという敬語についても考えていきましょう。

この「拝察される」は、誤った敬語です。

二重敬語ではないかという以前の問題として、「拝察」という謙譲表現と、「される」という尊敬語の表現が組み合わさっているため、チグハグな表現となっています。

 

そのため、自分が「推測する」という場合は謙譲語である「拝察する」を使います。

また、相手が「推測してくれる」場合は「ご賢察くださる」といった表現を用います。

 

「ご賢察」を使った例文は以下のとおりです。

 

「この度は、弊社の事情をご賢察くださいまして、ありがとうございます。」

「諸事情ご賢察いただきたく、お願い申し上げます。」

 

拝察申し上げますは正しい敬語?おかしい?

「拝察申し上げます」は、謙譲語である「拝察する」に、さらに、「申し上げる」という謙譲表現を組み合わせた言葉であるため、二重敬語になります。

しかし、「拝察いたします」と同じく、ビジネスシーンでは頻繁に使われる表現ですので使用しても問題ありません。

 

以下のように使うことができます。

 

「皆様のご心痛は如何ばかりかと拝察申し上げます。

「皆様のご苦労を拝察申し上げます。」

まとめ 「拝察される」「拝察申し上げます」は正しい敬語?二重敬語?

ここでは「拝察する」「拝察いたします」「拝察される」「拝察申し上げます」は正しい敬語?二重敬語?について解説しました。

敬語は慣れていないと実際の場面でうまく使えないため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな敬語表現を身につけ、日々の業務に活かしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました