スポンサーリンク

【Excel】エクセルの入力規則で全角のみ・半角のみを入力可能にする方法【全角入力や半角入力の固定】

Excelのスキルアップ

エクセルはデータ解析・管理を行うツールとして非常に機能が高く、上手く使いこなせると業務を大幅に効率化できるため、その扱いに慣れておくといいです。

ただ機能が充実しているあまり初心者にとっては処理方法がよくわからないことも多いといえます。

例えばエクセルにてセルに全角のみ、または半角のみを入力可能にするにはどう処理すればいいのか理解していますか。

ここではエクセルの入力規則で全角のみ・半角のみを入力可能にする方法について解説していきます。

スポンサーリンク

エクセルの全角のみを入力可能(入力規則)にする方法【全角入力の固定】

エクセルを使用していて、全角文字と半角文字が混在してどちらかに統一したい時ってありますよね。

例えば、以下のように住所の項目には半角(赤字)が含まれていますが、こちらを全角のみ入力可能にする方法について確認していきます。

セルに入力可能なデータを制限する(全角入力を固定する)には入力規則を使用します。

まず、「全角のみ」という入力規則を設定したいセル(ここではB2)を選択し、エクセルの上部メニューより「データ」→「データの入力規則」の順に押下します。

表示されたデータの入力規則オプションメニューにて、設定タブの入力値の種類に「ユーザー設定」を選択し、数式欄に「=AND(対象セル=JIS(対象セル))」を入力します。

こちらの数式は、

・すべての数式がTRUEの場合のみTRUEを返す「AND関数」
・半角文字を全角文字に変換する「JIS関数」

を組み合わせています。

すなわち、B2セルの値を全角変換した値がB2セルの値と一致する場合(=B2セルが全角のみ)のみTRUE(入力を許可)という意味です。

OKボタンを押下すると、セルの見た目こそ変わりませんが、B2セルは全角のみ入力可能となっています。

最後にオートフィル機能(計算したセルの右下にカーソルを合わせると出てくる十字をドラッグ&ドロップ)することで、以下のようにB列を全角のみ入力可能とすることができます。

仮に、入力規則を満たさなかった場合(半角を入力した場合)は以下のようにエラーメッセージが表示されます。

ここで、表示されるエラーメッセージを変更したい場合、先ほどのデータの入力規則オプションメニューにて、エラーメッセージタブにて設定することができます。

上図の例では以下のように表示されます。

このようにして全角入力のみで固定が可能となるのです。良く使用する計算なのでこの機会に覚えておくといいです。

 

エクセルの入力規則で半角のみを入力可能にする方法【半角入力の固定】

次に、以下のようにIDの項目には全角(赤字)が含まれていますが、こちらを半角のみ入力可能にする方法について確認していきます。

セルに半角入力のみで固定するには上と同様に入力規則を使用します。

まず、入力規則を設定したいセル(ここではB2)を選択し、エクセルの上部メニューより「データ」→「データの入力規則」の順に押下します。

表示されたデータの入力規則オプションメニューにて、設定タブの入力値の種類に「ユーザー設定」を選択し、数式欄に「=AND(LENB(対象セル)=LEN(対象セル))」を入力します。

こちらの数式は

・すべての数式がTRUEの場合のみTRUEを返す「AND関数」
・半角を1バイト、全角を2バイトとして対象セルの文字数を返す「LENB関数」
・半角と全角の区別なく、1文字を1として文字数を返す「LEN関数」

を組み合わせています。

すなわち、B2セルの全角半角を考慮した文字数が、全角半角を考慮しない文字数に一致する場合(=B2セルの値がすべて半角)のみTRUE(入力を許可)という意味です。

OKボタンを押下すると、セルの見た目こそ変わりませんがB2セルは半角のみ入力可能となっています。

最後にオートフィル機能(計算したセルの右下にカーソルを合わせると出てくる十字をドラッグ&ドロップ)することで、以下のようにB列を半角のみ入力可能とすることができます。

こちらの半角入力で固定する処理も良く使用する方法なのでこの機会に覚えておくといいです。

 

まとめ エクセルの全角入力や半角入力を固定する方法【入力規則で全角のみ・半角のみを入力可能にする】

ここでは、エクセルにて入力規則で全角のみ・半角のみを入力可能にする方法について解説しました。

基本的に入力規則にて、全角であればJIS関数、半角であればLEN関数とLENB関数を使うことで入力可能な文字を制御できます。

エクセルでのさまざまな処理に慣れ、日々の用務を効率化させていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました