スポンサーリンク

【Excel】エクセルにて出席回数(○)をカウントし出席率と欠席率を計算する方法【数式や関数は?】

Excelのスキルアップ

エクセルはデータ解析・管理を行うツールとして非常に機能が高く、上手く使いこなせると業務を大幅に効率化できるため、その扱いに慣れておくといいです。

ただ機能が充実しているあまり初心者にとっては処理方法がよくわからないことも多いといえます。

例えばエクセルにて出席回数の○をカウントし出席率と欠席率を求めるにはどう処理すればいいのか理解していますか。

ここではエクセルにて出席回数の○をカウントし出席率と欠席率を求める方法について解説していきます。

スポンサーリンク

エクセルにおいて出席回数(○)をカウントする方法【出席回数を数える関数】

それでは以下のサンプルデータを用いてエクセルで出席回数(○)をカウントする方法について確認していきます。

出席が○、欠席が×で記載されており、各々の出席率や欠席率を計算するにはまず出席回数(欠席回数)を求める必要があります。

ここで出席回数(○)をカウントにはCOUNTIF関数を使用するといいです。

COUNTIF関数とは特定条件に合致する個数をカウントできる関数であり、正答率を計算する前の正答数を数える時に使用します。

基本的には

=COUNTIF(範囲,条件)

にて活用できます。

具体的に今回では下のよう出力させたいセルに=COUNTIF(B3:B12,”○”)と入力するといいです。

ENTERにて出席回数のカウントを行います。このセルを元にし、カーソルを右下に合わせると出る十字をドラッグ&ドロップによって横の列の出席回数も一括で計算しましょう。

その後出席・欠席の総数を求めるためにCOUNTA関数を使用します。

COUNTIA関数とは指定範囲内の空白でないセルの個数をカウントできる関数で、基本的には

=COUNTA(範囲)

にて処理できます。

具体的に今回では下のよう出力させたいセルに=COUNTA(B3:B12)と入力するといいです。

こちらもENTERにて計算確定後にオートフィルで一括処理します。

このようにして出席率・欠席率の算出に必要な出席回数(○)と総数を数えることが完了します。

 

エクセルにて出席率を欠席率(個人)を計算する方法【関数は必要か?】

続いて、エクセルにて出席率と欠席率を計算してみましょう。

「出席率=出席回数 ÷ 総数」の定義に基づき、これをエクセル内で数式処理していきます。今回は出席率を百分率(パーセント)で表示したいため、

パーセントでの出席率 =出席回数 ÷ 総数 × 100
と計算しています。

こちらもENTERにて出席率を求め、オートフィルすることで一括処理ができました。

一方で

パーセントでの欠席率 = 100 ー パーセントでの欠席率
の計算でき、エクセルで欠席率を求めるにはこの数式をそのまま入れていくだけでいいです。関数は必要ありません。

欠席率を計算後にオートフィルで上と同様一括処理します。

このようにしてエクセルにて出席率と欠席率を求めることができました。

集計時によく使用する処理なのでこの機会に覚えておくといいです。

まとめ エクセルにて出席率と欠席率を計算する方法【出席回数(○)をカウント】

ここでは、エクセルにて出席回数(○)をカウントし、出席率と欠席率を求める方法について確認しました。

出席回数を数える際にはCOUNTIF関数、出席率や欠席率を計算する時には定義をそのまま数式として入力すればいいです。

エクセルでのさまざまな処理に慣れ、日々の業務を効率化させていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました