【Excel】エクセルでの電子印鑑の設定や使えない・できない時の対策【印鑑のような書体】 | モアイライフ(more E life)
EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!

【Excel】エクセルでの電子印鑑の設定や使えない・できない時の対策【印鑑のような書体】

本サイトでは記事内に広告が含まれています

この記事ではエクセルでの電子印鑑の設定方法と使えない・できない時の対策について解説していきます。

それでは実際のサンプルを用いて、処理を見ていきましょう。

 

↓↓ さらに詳しい電子印鑑を扱う際の内容は、以下の動画で解説のため、

併せてチェックしてみてください♪ ↓↓

 

 

 

スポンサーリンク

エクセルでの電子印鑑の設定方法

 エクセルで電子印鑑を設定する方法について、この記事ではあらかじめ準備された電子印鑑の画像を挿入する方法で解説します。

 

サンプルの電子印鑑画像ですが、透過背景(PNGフォーマット)で作成したものになります。

 

電子印鑑を挿入するセルを選択(サンプルでは電子印鑑を配置するためにセルを結合しています)、挿入タブをクリック、「写真(画像)」を選択、「セルに配置」→「ファイルからの画像選択します。

 

 

挿入画像を選択します。

 

 

上図のようにセルに電子印鑑が配置されました。「セルに配置」を選択すると画像をセルのサイズに自動調整して配置されます。

 

次はセル上に配置を選択するとどのようになるかを見てみましょう。