スポンサーリンク

C5H12の構造異性体(アルケンやシクロアルカンなど)を解説!【6種類か?】

Excel・英語以外のスキルアップ

科学的な解析(化学)を行う際には基本的に反応物質の構造についての理解が必要となることが多いです。

そのためさまざまな物質の各構造を知っておくといいわけですが、特に構造異性体はなかなか覚えにくいものです。

中でもここでは、C5H12の分子式を持つ構造異性体(アルカン)をまとめていきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

C5H12の構造異性体(アルカン)を解説!【3種類か?】

それでは以下でC5H12の構造異性体の名前や構造式を確認していきます。

構造異性体とは分子式は同じであるものの、言葉の通り構造が違う物質のことを指し、名称も異なってきます。

試験問題にても頻出であるためC5H12の構造異性体をこの機会にしっかりと覚えておきましょう。

なおC5H12の不飽和度(二重結合や環状構造を持つ数)は0であるため、すべて単結合で構成されるアルカンであることがわかります。

この前提を踏まえた上で、C5H12の構造異性体について確認していきます。

 

・ペンタン(ノルマル-ペンタン)

 

C5H12の異性体の一つ目として、ペンタン(ノルマルペンタン)が挙げられます。以下の図の通りです。

C5H12の構造異性体だけではなく、どのような異性体を考えるにしても、この直鎖構造のような簡単なものから挙げていくのがおすすめです。

 

・イソペンタン(2-メチルブタン)

他にもC5H12の構造異性体としてはイソペンタン(2メチルブタン)が挙げられます。

上にて直鎖のC5H12の異性体を記載した後には、上のように直鎖の数を1つ減らした分岐させる構造式を考えていくといいです。

なお主鎖はブタンの構造であり、この2番目にメチル基がついた構造であるため、2メチルブタンを命名されます。枝分かれを持つ構造のため、イソペンタンとも呼ぶことも覚えておきましょう。

 

・ネオペンタン(2,2ジメチルプロパン)

C5H12の構造異性体としてシンプルな以下のようなネオペンタン(2,2ジメチルプロパン)も挙げられます。

こちらでは主査の数をさらに1個減らし炭素が3つであり、メチル基の枝分かれが2つあると理解しておくといいですね。よって名前が2,2ジメチルプロパンとなるのです。

結果的に中央の炭素からCH3(メチル基)が4つ出たような特徴的な構造なので比較的覚えやすいともいえます。

このようにC5H12の構造異性体は計3種類のみあります。

炭素数が多いもののアルカンで二重結合がないことから、このようにあまり多くない異性体の数となるわけです。

 

まとめ C5H12の異性体は3種類!(アルカンなど)

ここでは、C5H12の構造異性体3種類について名称と構造を確認しました。

これらは普段からよく見ておき、書き出すのに慣れてしまうのがおすすめです。

さまざまな科学的な知識を身につけ毎日の生活を楽しんでいきましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました