EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

納付と納品と納入と入荷と搬入の違いについて意味(定義)から解説!

Excel・英語以外のスキルアップ

ビジネスにおける用語の意味を理解したり、それを元に使ったりすることは意外と難しいものです。

そして、ビジネス用語の使用方法がおかしいと相手に不快な思いをさせることだけでなく、契約に結び付かなくなるケースもあるため適切にビジネス用語を学んでおくといいです。

ここでは中でも、製品を受け取る際によく聞くが似ている言葉の「納付と納品と入荷と搬入の違い」について解説していきます。

スポンサーリンク

納付と納入の違いについて意味(定義)から解説!

それではまず納付と納入の違いについて解説していきます。

結論からいいますと納付も納入も「製品やお金を納めること」と同じ意味を持っています。

ただ、現在一般的に使用される場合は

・納付:公的機関にお金(税金など)や品物を納める場合に使うのが基本。特に対象としてお金を指すことが多い

・納入:公的機関でない機関(企業間など)にお金(税金など)や品物を納める場合に使うのが基本。特に対象として品物が多い

と理解しておくといいです。

 

納品と納入の違いを意味(定義)から解説!

さらには納品と納入の違いについても確認していきます。

上述の通り「納入は品物やお金を納めること」という意味を持つのに対し、

・納品:品物を納めること

とより限定的な意味となることが違いです。

つまり、納入の一部として納品という言葉がある位置づけとなるのです。漢字自体着目するとその意味が理解しやすくなります。

 

搬入と納入と入荷の違いを意味(定義)から解説!

さらには、上の納付、納入、納品の他に似ている用語の搬入や入荷との違いについてもその意味から解説していきます。

上にて「納入とは品物やお金を納めること(特に公的機関以外で使うケースが多い)」を意味すると記載しました。

一方で

・搬入とは、品物を運んでいれること

を意味しておりここに「納める」という意味合いは含まれていないことが違いです。

つまり、ただ購入先と販売先という関係がなく、ただ運んだ場合には搬入を使うといいわけです。

 

さらに入荷の意味についても確認していきましょう。

・入荷:購入先が買った品物を受け取る行為

のことを意味しており、納入(販売する側、購入の依頼を受けた側)と買い手・売り手の立場が逆の表現であることが違いといえます。

これらの納付と納品と納入と入荷と搬入はそれぞれ微妙に意味が違うため、適切に近いしておくようにしましょう。

 

まとめ 納入と搬入と入荷の違いは?納品と納付の意味や違いは?

ここでは、製品を受け取る際によく聞くが似ている言葉の「納付と納品と入荷と搬入の違い」について解説しました。

・納付:(主に公的機関に)お金や品物を納める
・納入:(主に公的機関以外に)お金や品物を納める
・納品:(主に公的機関以外に)品物を納める意味を持ち、納入の一部といえる
・搬入:納めるという意味合いはなく、運び入れること
・入荷:納入と意味は同じものの、買い手、売り手の立場が逆

といえます。

各ビジネス用語の意味や使い分けを理解し、ビジネススキルや年収、やりがいを向上させていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました