スポンサーリンク

フューチャーする(フィーチャーする)の意味は?間違いはどっちか?【フュ-チャーされる(ビジネス等で)】

Excel・英語以外のスキルアップ

ビジネスなどにおいて和製英語を聞く場面は多いものです。

そのため和製英語を理解していないとコミュニケーションを取れないケースもよくあり、きちんと学んでおくといいです。

例えば、英語のfeatureの和製英語に対して「フィーチャー」や「フューチャー」などと読むことがありますが、これはどちらが間違いでどちらが正しいのでしょうか?

ここでは、この「フィーチャーされる(フューチャーされる)などのビジネスにおける意味」「発音はどちらが間違いなのか」について、例文を用いて解説していきます。

スポンサーリンク

フィーチャーとフューチャーはどっちが間違いでどっちが正解なのか?

それでは、featureの読み方としては、フィーチャーとフューチャーはどっちが間違いでどっちが正解なのかについて確認していきます。

結論からいいますと、フィーチャーが正しい発音であり、フューチャーが間違いといえます。

フューチャーは基本的には未来を表すfutureが元となっていると考えるといいです。ただ、このフィーチャーという発音は比較的フューチャーに近いこともあるために間違える人も多いわけです。

困ったときは、元の英語の綴りがfeatureであることを思い出すようにしましょう。

ビジネス等でのフィーチャーされる(フューチャーされる)の意味を例文を交えて解説!

なお、このフィーチャー(フューチャー)という和製英語は「フィーチャーされる(フューチャーされる)」「フィーチャーする(フューチャーする)」などの形で使う場合が多くこれらの意味について確認していきます。

フィーチャーの意味は

・特徴、特長、気質
・抜擢された、主な、主要な、特集された
・物の仕様(スペック)、機能

などが代表的です。

ビジネスにおけるフィーチャーの意味

つまりビジネスにて「フィーチャーされる」とは、

・基本的に大きな成果を上げたりして目立つこと、注目されること

を意味しているわけです。

まれにネガティブな意味で使用されることもありますが、基本的にはポジティブな意味と理解しておきましょう。逆にフィーチャーするの意味は、これを行う側(つまり会社では上の立場の人はその人を抜擢すること)に当たるといえますね。

 

映画におけるフィーチャーの意味

他にも映画などで「フィーチャーされる」と表現されることもありますが、これは「特集を組まれる」といった意味となります。

なお映画の主役に「フィーチャーされる」ということもあり、これはある人が主役に抜擢されたことになります。

各種状況によって違いがあるためによく理解しておくといいです。

 フューチャーされる(フィーチャーされる)を用いた例文

それでは、フィーチャーとフューチャーの違いについてより理解するためにも、例文を用いて解説していきます。

・仕事にて営業成績月間1位を取ったため、会社全体にてフィーチャーされた
・今回の映画では、今まで全く知名度がなかった俳優がフィーチャーされた
・今回の雑誌のコンセプトとしてはYoutuberをメインでフィーチャーして作っていきたい

などと使用するのです。

一方で未来(フューチャー)としては和製英語を使用する習慣は現在はあまりなく、そのまま未来といった方が無難ですね。

まとめ フューチャーされる(フィーチャーされる)の意味は(ビジネスなど)?違いは?

ここでは「フィーチャーされる(フューチャーされる)などのビジネスにおける意味」「発音はどちらが間違いなのか」について、例文を用いて解説していきます。

・featureの和製英語の発音はフィーチャーが正しく、フューチャーが間違い
・意味は抜擢、特集、特長などが代表的
・動詞として使う時にはフィーチャーする、されると使用する

といえます。

各種ビジネス用語の意味や使い方を理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました