スポンサーリンク

一品単価とは?一品単価と商品単価と客単価の計算式を解説!

Excel・英語以外のスキルアップ

購買に関する仕事に携わっている人は、普段聞きなれないような用語を聞くことがよくあります。

例えば、価格に関する用語として一品単価や商品単価や客単価などの言葉をみかけますが、これらの意味について理解していますか。

ここではこの一品単価や商品単価や客単価の意味や計算式について解説していきます。

スポンサーリンク

一品単価の計算式や意味は?【求め方】

それではまず一品単価とは何かについて確認していきます。

基本的に一品単価とは「製品全体の売り上げ÷売った品数」で計算することができるものです。

つまり、販売した製品の1品あたりの売上の平均値が一品単価とも言い換えることができますね。

https://www.jpc-net.jp/consulting/report/assets/pdf/63dd397afbe7e4a82acc27fa4dd0c51d.pdfより引用

他にも売った品の各単価をまとめているような場合では、これらの各単価の平均をとることによっても求めることが可能です。

適宜あなたが持っているデータに応じて計算方法を変えていくといいでしょう。

商品単価の計算式は?

続いて一品単価と似たような単語の商品単価の計算式についても確認していきます。

商品単価という言葉にも厳密な定義はないですが、大きく分けて2通りの意味があります。

・商品自体の価格
・商品の平均単価

が商品単価と言われているケースは多いです。

ここで商品自体の価格を商品単価と捉える場合は、計算するものではなく各々決められるものといえますね。

一方で商品の平均単価であれば結局のところ上の1品単価と同じ意味となり、以下の計算式で求めることができます。

客単価の計算式と意味は?

さらには客単価という似たような言葉が使用されることも多いです。

この客単価も厳密な規定はないものの、売り上げ高を来たお客さんの数で割ったもので計算されることが基本です。

お客さん一人当たりに対する平均の販売額と言い換えることもできるでしょう。

一品単価、商品単価、客単価ともに似ているため、計算の仕方を間違えないように注意するといいです。

まとめ 客単価の計算式は?商品単価や一品単価の計算式は?

ここでは、一品単価や商品単価や客単価の意味や計算式について確認しました。

どの用語も販売に関する重要な言葉であるためきちんと違いや計算式を理解しておくといいです。

さまざまな意味の認識、計算の仕方を学び、業務の効率化をはかっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました