スポンサーリンク

「拝聴させていただく」「聴講させていただく」「聞かせていただく」「聞かさせていただく」は二重敬語?正しい敬語?【意味から解説】

Excel・英語以外のスキルアップ

ビジネスにおいて敬語の使い方は意外と難しいものです。

そして、敬語の使用方法がおかしいと相手に不快な思いをさせるケースもあるため適切な敬語の使い分けを身につけておくといいです。

中でも「拝聴させていただく」「聴講させていただく」「聞かさせていただく」「聞かせて頂く」などの表現は敬語として正しいものかどうか判断が困難であり、以下で詳細を確認していきます。

スポンサーリンク

「拝聴させていただく」は正しい敬語なのか?【意味から解説】

結論からいいますと、「拝聴させていただきます」は従来からの敬語表現としては正しいとはいえません。しかしながら、現在の時代の流れ的には「拝聴させて頂きます」と使用してもそれほどおかしくない(この表現が一般的になりつつある)といえます。

まずは、従来の敬語の文法的な観点から確認していきます。

「拝聴」という言葉は「慎んで耳を傾ける」という意味もつ謙譲語ですが、「拝聴」の後の「させていただく」というフレーズも「させてもらう」の謙譲語(厳密には~するの意味を含む補助動詞の謙譲語)にあたります。

1つのフレーズの中に2つの謙譲語が入っているため、「拝聴させていただく」は二重敬語になります。

このような場合は「拝聴しました」「承りました」などと答えるのが正しいでしょう。

他にもよく使われる応答で「拝聴いたしました」がありますが、「いたします」が謙譲語のため、これも二重敬語で間違いとなります。注意しましょう。

 「聴講させていただく」は正しい敬語なのか?【意味から解説】

「聴講させていただく」という言葉は文法的に「使っても問題ない敬語(二重敬語ではない)」ですが、厳密な言葉の意味としてはグレーゾーンの表現といえます。

ただ、言葉の使い方の時代の変化もあり、~させていただくという表現がビジネスでも一般的に使用されている背景もあり、聴講させていただくと使ってもいいです(今後はこちらが主流となる可能性あり)

このことについて順を追って確認します。

聴講させて頂くの中でも「~させていただく」という表現の使用には注意が必要なのです。具体的には「させていただく」は上述のよう「させてもらう」の謙譲語であり、相手の許しのもとに自分の行為・動作をさせてもらうという意味の言葉です。

自分がすることを相手の許可を受けて行い、それをすることで自分に恩恵がある場合に使用します。つまり、相手の許可を受ける必要がない場合は使用する必要がないのです。

ここで「聴講」は講義を聞くという意味の言葉であり、

・相手に許可を得て聞く、恩恵をうける
・相手の許可は必要なくただ聞く

と両方のニュアンスがあるため、聴講させていただくという表現は「本来の意味の観点から」使うのが微妙なのです

そのため実際の場面での表現としては「聴講させていただきます」よりも「聴講いたします」としたほうが良いでしょう(ただ現代では名詞+させていただくという表現が一般的になってきているため、今後はこちら常識となるかもしれませんが・・)

なお、二重敬語の観点からは「聴講」は謙譲語ではないため問題ありません(先に述べた「拝聴」は謙譲語にあたったのでNG)。

「聞かさせていただく」「聞かせていただく」は正しい敬語なのか?【お話聞かせていただきありがとうございました】

「聞かさせていただく」という表現ですが、これは明らかな間違いです。「聞かせていただく」が正しい表現です。

「聞く」などの動詞の後には、本来「させる」ではなく、「せる」が続きます。そのため正しくは「聞かせていただきます」となります。

「聞かさせていただきます」のように、本来なら入らないところに「さ」が入ってしまう「さ入れ言葉」は近年、色々な場面で使われています。はじめに述べたようにこれは明らかな誤用ですので注意しましょう。

良く使う例としては「お話聞かせていただきありがとうございます」などがありますね。

まとめ 「聴講させていただく」「聞かせていただく」「聞かさせていただく」「拝聴させていただく」は二重敬語?正しい敬語?【意味から解説】

ここでは、拝聴させていただく、聴講させていただく、聞かせていただく、聞かさせていただくは正しい敬語かについて解説しました。

・拝聴させていただくは、従来の言葉の表現としては正しくないものの、現在ではこちらの言葉を使用する方が一般的になりつつあり「使ってもいい表現」(今後はこちらが主流となる可能性あり)
・聞かさせていただくは正しい敬語ではない
・聞かせていただくは正しい敬語
・聴講させていただくは、グレーゾーンな表現なものの現在では~させていただくという表現が、一般的になりつつあり「使ってもいい表現」(今後はこちらが主流となる可能性あり)

です。

場面に応じて、適切な敬語を使用するようこころがけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました