EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

火へんに皇(煌)の漢字の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

漢字のスキルアップ

たくさんの漢字を見ていると、その形状はわかるものの意味・読み方・書き方などがわからずに苦労することがありますよね。

このわかりそうでわからない漢字の代表として「火へんに皇(煌)」と書くものがありますが、あなたはこの漢字の詳細を理解していますか。

ここでは、この火へんに皇(煌)の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

火へんに皇(煌)の漢字の意味や読み方は?

それではまず火へんに皇(煌)の漢字の意味や読み方について見ていきましょう。

火へんに皇(煌)という漢字の読み方は音読みで「コウ」、訓読みで「かがやく」「きらめく」「あきらか」となります。

音読みの「コウ」は「皇」の音読みと同じで、「コウ」となりますので、簡単に覚えることができますね。

火へんに皇(煌)という漢字を分解すると、「火」と「皇」に分けられます。

「皇」という漢字には、君主、天子、天の偉大な神など、明るく強いイメージの存在という意味があります。

ご存じの通り「火」も熱く、強く、明るいものですので、この2つを組み合わせることで、強く明るくきらめく様子が表わされています。

訓読みの「かがやく」「きらめく」「あきらか」などは、上記の明るく輝くイメージと繋げるととても覚えやすいですね。

火へんに皇(煌)漢字は、人目をひくまばゆい存在と紐付けてイメージしましょう。

そして、火へんに皇(煌)という漢字「煌」を用いた熟語としては、「煌煌(こうこう)」ということばがあります。

これはよく耳にする事もあるかもしれませんが、「煌煌とかがやく」などといった形で遣われ、輝きをさらに強調した存在であるとあらわす際に用いられます。

そして他には「煌星(きらぼし)」という熟語があります。

こちらは「綺羅星」と表記することもありますが、いずれも空にきらきらと輝く数多くの星々をあらわす言葉です。

またその意味が高じて、明るいもの、まばゆいもの、立派な人々がたくさん集まっているようすを表わす際にも用いられます。

 

火へんに皇(煌)の漢字の部首や画数は?

なお、火へんに皇(煌)の漢字の部首や画数が知りたい人もいるでしょう。

結論からいいますと、火へんに皇(煌)の部首は「ひへん」で、そのほかにも「ひ」とも言います。

画数は「13画」です。

 

火へんに皇(煌)の書き方や書き順は?

また火へんに皇(煌)の書き方(書き順)についても見ていきましょう。

火へんに皇(煌)の漢字の書き順は以下の通りです。

火へんに皇(煌)の1画目は火へんの左側の点の部分から始まります。

2画目は火へんの右側の点です。

3画目は火へんの「ノ」の部分で、点と点の間の上部から書き始め、左に払います。

4画目は3画目の真ん中よりやや下部分に点を打ちます。

5画目は「皇」の上部の点です。

6画目は「皇」の「白」部分の左側の縦棒で、まっすぐ下に書きます。

7画目は6画目の書き始めと同じ位置から書き始め、右に伸ばして下に折れます。

8画目は「皇」の「白」の中にある二番目の横棒です。

9画目は「皇」の「白」の下の横棒です。

10画目は「皇」の「王」部分の上の横棒です。

11画目は「皇」の「王」部分の縦棒で、10画目の真ん中辺りからまっすぐ下に伸ばします。

12画目は「皇」の「王」部分の二本目の横棒で、11画目の中央辺りと垂直になるようにまっすぐ横に引きます。

13画目は「皇」の「王」部分の一番下の横棒で、まっすぐ横に引きます。

これらが、火へんに皇(煌)の書き方です。

 

火へんに皇(煌)の熟語は?

さらには、火へんに皇(煌)を用いた熟語についても確認していきましょう。

火へんに皇(煌)を使った熟語としては、

・煌煌

・煌星

・縞鯵

あたりが代表的です。

各々の意味や読み方などについては別途こちらで解説していますので、参考にしてみてください。

まとめ 火へんに皇(煌)の意味や読み方や部首や画数や熟語や書き方や異体字は?

ここでは、火へんに皇(煌)の漢字の意味や読み方や書き方や部首や画数や熟語や異体字は?について解説しました。

漢字はややこしいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな漢字を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました