EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

鉛筆とシャーペンの違いは?鉛筆の芯とシャーペンの芯の違いは?【グラファイト鉛筆とは?黒鉛やカーボンのこと?】

生活

私達が生活している中で似たものに出会うことがよくあります。

ただ各々の認識や違いを誤って理解・使用すると人前で恥をかいてしまうこともあり、多くの言葉を知っておく方が何かといいです。

中でもここでは、似ているものである「鉛筆とシャーペンの違い(メリット・デメリット)」「鉛筆の芯とシャーペンの芯の違い」や関連用語のグラファイト鉛筆や黒鉛やカーボンについて解説していきます。

スポンサーリンク

鉛筆とシャーペンの違いは?メリット・デメリットは?

それでは以下で鉛筆やシャーペンの違いやメリット・デメリットについて確認していきます。

鉛筆(以下写真)とシャーペンの外観の違いはすぐにわかるため、機能的な面の違いをみていきましょう。

鉛筆はその濃さ(硬さ)の種類が非常に多いです。薄くてかたい9Hの鉛筆から濃くて柔らかい6Bの鉛筆までとベーシックなものでも17種類ほどあります。

そのため、その種類に応じて多岐にわたる表現をしやすいのが鉛筆の特徴の一つです。

なお一般的な筆記で使用するHBやBの鉛筆であっても、鉛筆の芯の先を尖らせたり平坦にしたりすることで、自由に線の質を変化できるのも魅力でしょう。

他にも基本的に鉛筆の持ちての材質が「木」であるため、自然の素材の柔らかさを感じられるのも個人的にはいいと思います。

ただ基本的に鉛筆の場合は削る作業が出てきて手間がかかるのがデメリットといえます。

 

一方でシャーペン(シャープペンシル)は、基本的に濃さが一定でありかつ芯の太さを一手に保てるため、どのようなシャーペンでも同じような線になりやすいです。そのため「文字を均一に書くなどの作業に適している」というメリットがあります。

他にも基本的にシャーペンの持ち手の材質が「金属やプラスチック」であるためビジネスシーンにて適した外観です。

逆にいうと、シャーペンを使用すると書き方を変えても線が同じようになりやすく、鉛筆のように多彩な表現がしにくいのがデメリットといえます。

 

鉛筆の芯とシャーペンの芯の違いは?グラファイト鉛筆や黒鉛との関係

上のように鉛筆とシャーペンでは機能的な違いがいくつもあります。

これは主に鉛筆の芯とシャーペンの芯の違いにあるともいえます。

鉛筆の芯の素材は基本的にグラファイトで出来ています。グラファイトとは日本語では黒鉛と訳せ、これは炭素(カーボン)の一種です。炭素(カーボン)が成分の有名な物質としては他にダイヤモンドがありますが、これは黒鉛と別物なのがわかるでしょう。

そのため通常使用する鉛筆のことをグラファイト鉛筆と呼ぶことがあります。

 

一方で、シャーペンの芯も実は黒鉛からできているものの、鉛筆とは結晶構造など細かい部分で違いがあります。

これはシャーペンの芯の製造方法に関係します。シャーペンの芯は基本的に黒鉛だけでなく添加剤として樹脂も混ぜられ、それを焼成することで作られています。

樹脂も燃焼すると黒鉛(グラファイト)になるため組成としては炭素(カーボン)で同じものの、出発物質に樹脂も入っているので、鉛筆の芯とは違った比較的固く均一な芯となるのです。

これらが鉛筆の芯とシャーペンの芯の違いといえます。

 

まとめ 鉛筆とグラファイト鉛筆や黒鉛(カーボン)の違いは?シャーペンとの違いは?

ここでは「鉛筆とシャーペンの違い(メリット・デメリット)」「鉛筆の芯とシャーペンの芯の違い」や関連用語のグラファイト鉛筆や黒鉛やカーボンについて確認しました。

どれも似ている言葉なのでその違いや意味を一つずつ覚えていくといいです。

さまざまな知識を身に着け、毎日の生活を楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました