スポンサーリンク

レポート提出時に文字数が足りないとばれる?単位を落とさないようにする方法は?【字数が少し足りないなど】

生活

大学生をはじめとして学生には試験やレポート提出をすることが必ずあるものです。

ただ成績を上げる、単位を落とさないようにするためには、各々のコツについて理解しておく必要があります。

ここでは、特にレポートに関することとして「レポート提出時に文字数が足りない場合にはばれるのか?」「もし字数が足りない状態でレポートを提出してしまった場合に単位を落とさないようにする方法」について解説していきます。

スポンサーリンク

レポート提出時に文字数が足りない場合にはばれるのか?理由は?【字数が少し足りない】

それでは、レポートを出す際に文字数が足りない場合、ばれるのかどうかについて確認していきます。

結論からいいますと、きちんとした教授がチェックする場合はレポートの文字数が足りていないとばれます。これは、現在のIT技術が進んできていることもありますが、Wordをはじめとした文書作成ソフトでは基本的にレポートの文字数を簡単にチェックできるためです。

また講義を受講している人数が多すぎる場合「レポートの文字数をすべてチェックしていない」と考える人もいるかもしませんね。ただ今ではpython等のプログラミングを活用することによってレポートの中身の文字数を一括出力し、それをcsvやexcelとして出力し、合否判定の自動化をすることは比較的簡単にできます

このような理由から、きちんとレポートの中身、文字数をチェックする教授の場合ではレポートの文字数が足りていない場合、ばれる可能性があるのです。

ただ「チェックするのはあくまで人であり性格にも個人差がある」ため、チェックすらしない場合があるのも事実です。このような場合では当然ばれないので、チェックする方の「過去の対応方法」「性格」を観察し判断するといいでしょう。

もちろん「きちんと文字数を守ったレポート」を作成した方があなた自身も後々心配する必要がなくなるため、出来る限りレポートをしっかりと作るといいですね。

字数が足りないレポートでは単位を落とす?文字数が少し足りないものを提出してしまった場合に単位を落とさないようにする方法

上のように人によっては、字数が足りていないレポートではそのことがばれ、単位を落とすリスクがあります。

もしあなたが気づいていながらも「面倒くさい」「忙しい」などが理由で字数が少ないレポートを提出しまったのであれば、理由を付けチェックする教授らに掛け合ってみましょう。

このときまずはレポートにて文字数が足りなかったことに対して謝罪しましょう

その後の説明としては「面倒くさくてレポートの字数が足りなくなった」と正直に言うよりも、「後で見返したら少し足りていなくどうしても気になった」などと相手に不快な印象を与えないような理由づけをするといいです。

教授によっては

・レポートの文字数などを要求を満たして再提出
・そもそも少し足りないくらいであれば、気にしなくていい

などと何かしらの救済措置をしてくれる場合が多いです。

まずは上のよう、あなたがレポートの字数が足りないことで単位を落とさないように行動するのがおすすめですね。

まとめ レポート提出時に字数が足りない時に単位を落とさないようにする方法?【ばれるのか?】

ここでは「レポート提出時に文字数が足りない場合にはばれるのか?」「もし字数が足りない状態でレポートを提出してしまった場合に単位を落とさないようにする方法」について解説していきます。

・レポート提出時には文字数が足りないとばれる可能性が高い(きちんとチェックしようとする人の場合)
・レポートで文字数が少し足りない場合に単位を落とさないようにするには、まず謝罪し、きちんとした理由を説明、掲示される対処方法を行う

といいです。

レポート提出などの対処方法を学ぶなどして、毎日の生活をより快適に過ごせるよう工夫していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました