スポンサーリンク

お好み焼きの天や玉の意味は?豚玉とお好み焼の違いや読み方は?

生活

好きな食べ物や飲み物を飲むととても幸せな気分になる人が多いでしょう。

単純に美味しいと感じるものを食べたり、飲んだりしても気分が上がりますが、その食べ物の名前の由来や意味などについて知っておくと、その美味しさは倍増するといえます。

そのため各食べ物、飲み物に関する知識を身につけておくとよく、中でもここではお好み焼きに着目し「お好み焼きにおける~天や~玉の意味や読み方」「お好み焼きのお店でよくみる豚玉とお好み焼きの違いや読み方」について確認していきます。

スポンサーリンク

お好み焼きの天や玉の意味は?【名前の由来や定義】

それではお好み焼きのお店でよくみかける「~天」や「~玉」の意味や名前の由来について解説してきます。

お好み焼きにおいて「イカ天」「ミックス天」などと~天とつく言い回しをしますが、この~天は天かす(揚げ玉)を意味しています。

お好み焼きに天かす(揚げ玉)が入っている場合とそうでない場合がありますが、そのお好み焼きに「天かすが入っていること」を明示するために「~天」と記載しているのです。

ただ今ではお好み焼きといえば天かすが入っているケースが多いので、~天≒お好み焼というイメージが出来ていることも使い分けるのに違和感を感じるのかもしれません。

天かすがお好み焼きに入っているのは、より濃厚な味にすることが理由といえます。私も天かす(揚げ玉)がお好み焼きに入っていた方が実際好きです。

 

一方でお好み焼きを豚玉などと~玉と言うこともあります。この~玉とは、玉子(卵)が入っていることを意味しています。揚げ玉の玉ではないので注意しましょう。

この「~玉」と名前についているのには、実はお好み焼きに似た料理のベタ焼きと区別するためにつけられたという由来があります。

簡単にいうとお好み焼きの生地を焼く際に卵が練り込んでありますが、ベタ焼きでは玉子は入っていません。当然出来上がりの食感や味も変わるため、これらが別物であることを示したく、~玉≒お好み焼きの総称と表したく、つけられたといえます。

豚玉とお好み焼の違いや読み方は?

上にて、~玉とお好み焼きの違いについて解説しましたが、特に代表的な豚玉とお好み焼の違いについても確認していきます。

先にも述べた通り~玉とは今ではお好み焼き全般を意味していることがほとんどであり、中でも豚玉とは豚肉が入ったお好み焼きを示しています。つまり豚玉はお好み焼の一種といえ、こえらが各々の違いです。

ただ今ではお好み焼きには豚肉が入っていることが基本のため、豚玉といえばオーソドックスなお好み焼きと認識しておくといいです。豚玉の読み方は「ぶたたま」と呼びます。

他にも牛肉が入った牛玉などもありますが、これらはレアなお好み焼きといえますね。

まとめ 豚玉とお好み焼の違いや読み方は?お好み焼きの天や玉の意味は?

ここでは、お好み焼きの天や玉の意味は?豚玉とお好み焼の違いや読み方は?について解説しました。

・お好み焼きの天は「天かす(揚げ玉)」を意味する
・お好み焼きの玉は「卵(玉子)」を意味する
・豚玉はお好み焼きの一種

です。

お好み焼きを始めとしたさまざまな食に関する知識を身につけ、毎日の生活に役立てていきましょう。

コメント

  1. […] ちなみに牛玉、豚玉などのお好み焼きに「~玉」とつく意味はこちらで解説しているため、参考にしてみてくださいね […]

タイトルとURLをコピーしました