スポンサーリンク

1Whは何Jか?1Jは何Whか?1kWhは何Jか?1Jは何Whか?【単位のWh(ワット時)とJ(ジュール)の換算方法】

Excel・英語以外のスキルアップ

電気的な容量、仕事量の単位としてWh(ワット時)やJ(ジュール)を使用することがよくあります。

ただ状況に応じて使いわける必要があり、各々を変換できるようにしておくといいです。

ここでは、このWh(ワット時)とJ(ジュール)の換算方法として、1Whは何Jか?1Jは何Whか?を1kWhは何Jか?1Jは何kWhか?を元に解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

1Whは何Jか?【単位のWh(ワット時)とJ(ジュール)の換算】

それでは以下で単位のWh(ワット時)とJ(ジュール)の変換方法について確認していきます。なおWhはワットアワーなどとすべてカタカナ表記することもあります。

まずWh(ワット時)は「Wの仕事(電力)を1h(1時間)行った場合、電力量が1Whとなる」と定義されています。

同様に単位のJ(ジュール)は「1Wの仕事(電力)を1s(1秒)行った場合、電力量が1J(Wsと同じ意味)になる」と定義されているのです。

つまりWhとJを変換するには、1h=3600秒の換算式を用いるとよく、1Wh=1/3600 J = 約0.000278 Jと変換できるのです。

→10Whであれば約0.00278J

→100Whであれば約0.0278Jとなることも覚えておくといいですね。

 

 

1kWhは何Jか【kWhとJの換算】

 

なおkWh(キロワト時)からJ(ジュール)に換算する場合もたまに見かけるため、ここで解説していきます。なおkwhはキロワットアワーとすべてカタカナ表記することもあると覚えておくといいです。

1kWh=1000Whという換算式が成り立つことと、上のWhとJの変換式を用いますと1kWh=1000Wh= 0.278Jと計算できます。

つまり

→10kWh=約2.78J

→100kWh=約27.8J

と換算できます。

ややこしい計算のため、この機会に理解しておくといいです。

 

 

1Jは何Whか?1Jは何kWhか?【単位のWh(ワット時)とJ(ジュール)の換算】

今度は、J(ジュール)からWh(ワット時)への換算式も見ていきましょう。

上と逆の操作を行うだけでよく、1J=3600wh= 3.6kWhと変換できるのです。

なので

→10J=36000Wh=36kWh

→100J= 360000Wh=360kWh

となると理解しておきましょう。

こちらの場合では桁数が大きくなるので、0の数には気を付けるといいです。

 

 

まとめ 単位のWhやkWhとJ(ジュール)の換算方法

ここでは、1Whは何Jか?1Jは何Whか?1kWhは何JかというWhやJの換算方法について解説しました。

・1Wh=0.000278J

・1Kwh=0.278J

・1J=3600Wh=3.6kWh

と変換できると覚えておきましょう。

さまざまな単位変換になれ、日々の業務に息していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました