EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

梅干し1個は何グラム?梅1キロは何個か?梅干し500gは何個(何粒)?梅400gは何個か?

生活

私たちが生活している中でよく「食べ物の個数と重さの関係」について知りたいことがあるでしょう。

例えば、身近に食べる梅(梅干し)であればその1個あたりの重さが何グラムなのか?理解していますか。

ここでは、この梅干しに着目して梅干し1個は何グラム?梅1キロは何個か?梅干し500gは何個(何粒)?梅400gは何個か?について解説していきますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

梅干し1個は何グラム?

それではまず梅1個(1粒)の重さが何グラムか?について解説していきます。

もちろん梅の粒の大きさによって大きく変化するものの1個当たり重量は

・スーパーなどで買う標準的なサイズの梅:20~30グラム程度(簡単に25g程度と覚えておくといい)

・上を基準としてそれより大きな梅:30~45グラム程度

・小梅など:10~20グラム程度

といえます。

サイズだけでなく、形状にも差が出ますので、ざっくりとした梅の重さの目安が上と覚えておきましょう。

平均的なサイズの梅干しであれば、ざっと25g程度と覚えておくといいですね。

 

梅1キロは何個か?【梅1kgは何個か】

続いて、梅1キロは何個分(何粒)に相当するのか?についても確認していきましょう。

もちろん上のように梅のサイズによって重さが変化するために、一概には言えないものの平均的なサイズの梅であれば、梅1キロは約40個分に相当しますね。

計算式は1000 ÷ 25 = 40と求められます。

ただこれが、40gほどの大粒の梅しか入っていないのあれば、梅干し1キロは25粒に相当します。

逆に、梅のサイズがいわゆる小梅であり、その重さが15g程度のものであれば、約67個程度も含まれることになります。

概算したい場合に対応できるよう、平均的なサイズの梅の重さ25gを覚えておき、それで割るようにしましょう。

 

梅干し500gは何個(何粒)?

さらには、梅500gが何個分(何粒)に相当するのか?についても見ていきます。

もちろん上のように梅のサイズによって重さが変化するために、一概には言えないものの平均的なサイズの梅であれば、梅1キロは約20個分に相当しますね。

計算式は500 ÷ 25 = 20と求められます。

ただこれが、40gほどの大粒の梅しか入っていないのあれば、梅干し1キロは12~13粒に相当します。

逆に梅のサイズがいわゆる小梅であり、その重さが15g程度のものであれば、約33~34個程度も含まれることになります。

概算したい場合に対応できるよう、平均的なサイズの梅の重さ25gを覚えておき、それで割るようにしましょう。

 

梅400gは何個か(何粒)?

最後に、梅400gが何個分(何粒)に相当するのか?についても見ていきます。

もちろん上のように梅のサイズによって重さが変化するために、一概には言えないものの平均的なサイズの梅であれば、梅400gは約16個分に相当しますね。

計算式は400 ÷ 25 = 16と求められます。

ただこれが、40gほどの大粒の梅しか入っていないのあれば、梅干し1キロは10粒程度に相当します。

逆に梅のサイズがいわゆる小梅であり、その重さが15g程度のものであれば、約26~27個程度も含まれることになります。

概算したい場合に対応できるよう、平均的なサイズの梅の重さ25gを覚えておき、それで割るようにしましょう。

 

まとめ 梅1キロは何個か?梅干し500gは何個(何粒)?梅400gは何個か?

ここでは、梅干しに着目して梅干し1個は何グラム?梅1キロは何個か?梅干し500gは何個(何粒)?梅400gは何個か?について解説しました。

梅の重さと個数の関係は意外と知りたい場合があるため、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな変換の知識を身に着け、日々の生活に活かしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました