EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

「お見えになる」「お見えになられる」「お見えになってください」は正しい敬語?【いらっしゃるとお越しになるとの違いも解説】

Excel・英語以外のスキルアップ

ビジネスにおいて敬語の使い方は意外と難しいものです。

そして、敬語の使用方法がおかしいと相手に不快な思いをさせるケースもあるため適切な敬語の使い分けを身につけておくといいです。

中でも「お見えになる」「お見えになられる」「お見えになってください」などの表現は敬語として正しいかどうかの判断が困難であり、以下で詳細を確認していきます。

スポンサーリンク

「お見えになる」は正しい敬語?いらっしゃるやお越しになるとの違いは?

「お見えになる」は、「来る」の尊敬語です。お客様や上司など、目上の方が来たことを指す、正しい敬語です。

同じく目上の方が来ることを表す言葉として、「いらっしゃる」や「お越しになる」がありますね。その違いについても見ていきましょう。

「いらっしゃる」は「行く、来る、居る」の尊敬語。「お見えになる」と同じ意味で使うことができます。ただし同時に「行く、居る」の尊敬語でもあるため、意味が混同しやすく紛らわしい言葉です。単に「来る」の尊敬語として用いたいならば、「お見えになる」や後述の「お越しになる」を使う方が無難でしょう。

「お越しになる」も、目上の方が来たことを指す、「来る」の尊敬語です。こちらは「野や山を『越』えて来る」のように「わざわざ遠方から来てくれる」というニュアンスがあります。

「お見えになる」、「いらっしゃる」、「お越しになる」はいずれも「来る」の尊敬語です。尊敬語は敬語の中でも、相手の行為を立てて述べる言葉。つまり自分がやって来たことを指す場合には使えませんので、注意しましょう。

 

「お見えになられる」は正しい敬語?

「お見えになる」というのは正しい敬語ですが、「お見えになられる」はどうでしょうか。「なる」を丁寧語の「なられる」にしているので、より丁寧で相手を立てているような印象も受けます。

しかし「お見えになられる」という表現は、二重敬語に当たります。二重敬語とは、すでに敬語になっている言葉に、さらに敬語を重ねて使ってしまうこと。つまり「やりすぎ」な間違った敬語です。

「お見えになる」はそれだけで「来る」の尊敬語として成立しています。すでに敬語になっている言葉に、さらに「なられる」という敬語を重ねてしまうと、二重敬語になってしまいます。これは同じ意味をもつ「お越しになる」でも同じことがいえます。

相手に敬意を表そう、という気持ちは責められるものではありません。しかし正しい敬語を使えているかどうかは、上司や同僚、お客様に「おっ、この人はしっかりしているな」と思わせる大切な要素です。過剰な表現は避け、適切な敬語を使えるように心がけたいですね。

 

「お見えになってください」は正しい敬語?

電話やメールで相手からの訪問の知らせを受けたり、次回会うことを約束したりしたときに「お気を付けてお見えになってください」ということがありますよね。

この「お見えになってください」というのは正しい敬語かどうかを見ていきましょう。

「ください」という言葉が敬語かどうかは、その前につく言葉や状況によって意見が分かれるところです。また敬語としては正しくても、相手によっては命令されているような不躾な印象を受けることもあるでしょう。

しかし「お見えになってください」は、正しい敬語としてビジネスの場でも使えるものです。ご安心ください。

例えばこれが「来てください」や「お見えになられてください」だった場合は、不適切な敬語表現ですね。正しい敬語かどうかは、「ください」そのものよりも、その前の言葉にかかっています。

「来てください」の場合は、敬語ではない「来る」に「してください」という丁寧語が付いた形になっています。これだけでは相手への敬意を表現するものとしては不十分です。

また「お見えになられてください」の場合は、「お見えになられる」という言葉が二重敬語なので間違った敬語になっています。

「お見えになってください」は正しい敬語として、上司や大切なお客様にも使うことができる言葉です。

 

まとめ 「お見えになられる」「お見えになってください」は正しい敬語?【いらっしゃるとお越しになるとの違いも解説】

ここでは「お見えになる」「お見えになられる」「お見えになってください」は正しい敬語か?いらっしゃるとお越しになるとの違いは?について解説しました。

敬語は使うのに慣れが必要なのでこの機会に覚えておくといいです。

さまざまな敬語表現に慣れ、日々の業務に活かしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました