EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!
スポンサーリンク

匹と頭の違いや使い分けは?犬や羊や猫や鹿や猿や豚やライオンでは匹や頭のどちら?【読み方や数え方も】

私達が生活している中で似た言葉に出会うことがよくあります。

ただ各々の意味を間違って理解・使用すると人前で恥をかいてしまうこともあり、多くの言葉を知っておく方が何かといいです。

中でもここでは、意味が似ている数え方の言葉として匹(ひき)や頭(とう)の違いや意味について、犬や羊や猫や鹿や猿や豚やライオンなどでは匹や頭のどちらを使うのかという具体例を交えて解説していきます。

 

スポンサーリンク

匹と頭の違い・意味・使い分けは?数え方や読み方

それでは以下で数え方の単位である「匹と頭の違い・意味・使い分け」について解説していきます。

匹(読み方:ひき)も頭(読み方:とう)も基本的には動物の数え方の単位として、数値の後に続く言葉といえます。

匹や頭以外にも多くの数え方があるものの、これら2つの違い・使い分けとしては

・人よりも小さいサイズの動物ならば「匹」

・人よりも大きいサイズの動物ならば「頭」

を使うという考えが基本になっています。

 

ただ人よりも大きいかどうかだけではなく、人が抱きかかえるのに苦労する・一人では持てないような動物に対しては匹ではなく頭を使うとされているわけです。

いずれにせよ動物のサイズの観点からは「匹<頭とつく動物」と覚えておきましょう。

 

匹と頭の使用開始時期の違い

上のように匹と頭には意味・使い分けに違いがありますが、歴史的な背景(使用開始時期)にも相違があります。

具体的には匹の方が早くに採用されており(具体的には江戸時代からのよう)、動物の数え方としてはすべてこの「匹」が基本となっていました。

時代が変わり明治になるにつれ、海外から多くの情報が得られるようになり、そこでの動物の数え方としてhead、headsという単位が使用されるのを見かけるようになったわけです。

直訳でhead=頭と訳せることから、動物の数え方の1つとしてこの「頭」も徐々に採用されるようになったわけです。

そして時代が流れ、基本的にサイズを判断基準として匹と頭を区別して使用するようになったといえますね。

このように匹と頭の由来の違いも理解しておくと面白いし、忘れにくいためおすすめです。

 

犬は匹か頭か?数え方の違い

続いて動物の具体例を挙げて、匹を使うか頭を使うかについても見ていきましょう。

まずは犬の数え方が匹か頭かを見ていきましょう。

結論からいいますと、犬の数え方としては匹も頭も両方とも使用します。

ただ、上の匹と頭の基準からもわかるように

・小さめの犬には匹を使用

・大きめの犬には頭を使用

するケースが多いですね。抱えきれないレベルの犬では頭を使う方が適切なわけなのですが、厳密には判断できないため、おおよそで匹と頭を使っていけばいいです。

甘える大型犬4頭と寝てみたいと思ってる方こちらを見て下さい。考えが変わると思います

なお、犬の場合では警察犬、盲導犬などと人間の仕事に関わっている場合にはサイズによらず「頭」を使うことが多いです。どちらかというと、頭の方が位が高いと思われていることもあり、人と関わる犬の位も高いと思われていることかた「頭」が使用されているようです。

ただ、個人的にはこの使い分けは若干違和感があるため、そこは通常通りサイズだけの区別でもよいのでは?と思ったりしています。

 

 

羊は匹か頭か?数え方の違い

続いて、羊の数え方が匹か頭かを見ていきましょう。

結論からいいますと、羊の数え方としては匹も頭も両方とも使用します。

ただ、上の匹と頭の基準からもわかるように

・小さめの羊には匹を使用

・大きめの羊には頭を使用

すると覚えておきましょう。

犬と同じように、抱えきれないレベルの大きさの羊では「頭」を使う方が適切なわけなのですが、厳密には判断できないため、おおよそで匹と頭を使っていけばいいです。

また、寝れないときのおまじないとして「羊が1匹、2匹・・・」などとよく聞くことから羊の数え方=匹だけと思いがちですが、実際には上の通りなので、この機会に覚えておくといいです。

個人的には羊が1匹・・の動画として、以下がおすすめです。

【眠くなる声】羊を1000匹数える動画【睡眠用読み聞かせ】

 

ライオンは匹か頭か?数え方の違い

続いて動物の具体例を挙げて、匹を使うか頭を使うかについても見ていきましょう。

結論からいいますと、ライオンは頭を使用するのが基本です。

つまりライオン1頭、2頭と数えるわけです。

ライオンはネコ科の哺乳類の属しており、成人した後の体長は約2.5m~3mほどとなります。人よりも大きい・抱えるには難しいサイズなので「頭」を使うのですね。

上の匹と頭の使い分けの基準そのままが当てはまる例の1つです。

 

まとめ 犬や羊や猫の数え方には匹と頭のどちらを使用?

ここでは、数え方の言葉として匹(ひき)や頭(とう)の違いや意味について、犬や羊や猫や鹿や猿や豚やライオンなどでは匹や頭のどちらを使うのか?について確認しました。

各々の違いはややこしいですが、サイズが人より小さければ「匹」、大きければ「頭」を使用するといいです。

さまざまな違い・意味・使い分けを学び、日々の生活に活かしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました