スポンサーリンク

調理と料理と炊事と炊飯の違い・意味・使い分けは?

生活

私たちが生活している中でよく似ている言葉を見かけることがありますよね。

料理関係の言葉で似ているものとして「調理と料理と炊事と炊飯」などがありますが、これらの厳密な意味・違い・使い分けについて理解していますか。

ここでは、調理と料理と炊事と炊飯の違い・意味・使い分けについて解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

調理と料理の違い・意味・使い分けは?

それではまず、調理と料理の違い・意味・使い分けについて確認していきます。

どちらも意味はほぼ同じといえるものの、料理の一部が調理にあたる形となります。

 

具体的に料理の意味は

・素材を加工(切る・皮をむくなど)・焼く・蒸す・ゆでる)し、人々が食べやすいものに作っていく過程

・それを食べてもらう人に綺麗・上手に提供すること(美味しいと思ってもらうために)

・もしくはその過程を通して出来上がった食べ物

を指します。

 

一方で調理という、上の料理の中でも一番上の素材を加工する工程のみを意味しているわけです。

出てきた食べ物のこと自体を料理と呼ぶことはあっても、調理と良なばいないことからもイメージできますね、。

 

また調理を用いた複合語に着目した場合でも、調理師、調理工程、調理器具、調理家電などがあげらえますが、いずれも料理を作る工程のみに関する言葉であるのがわかりますね。

http://www.chouri-ggc.or.jp/chourishishiken/all_delegation/より引用

転職などでの調理求人などという言葉もありますが、これも料理を作る工程の担当のみに絞って募集をかけているわけです。

 

 

さらには料理に関する複合語として料理人、料理店などと使われることがありますが、これらは上述の調理だけ(素材の加工のみ)にとどまらないのがイメージできるでしょう。

具体的には、調理に加えて、お客さんなどの気持ちよく食べてもらうための綺麗な盛り付け、店の雰囲気づくり、接客などあらゆるものが「料理」という言葉に含まれているのです。

 

 

また、調理では基本的に「仕事」としてその「プロ・担当者」が大勢のお客さんなどの提供するために料理を作る場合によく使う言葉ともいえます。

逆に料理というと、家庭にて家族に提供するもの~料理店にてお客さんに提供する場合などのその幅広さがあるのも、調理との違いですね。

 

これらが調理と料理の違い・使い分け・意味といえますね、

 

炊事と料理の違い・意味・使い分けは?【調理】

さらには、料理や調理と似た言葉として炊事(すいじ)というものもあります。

炊事という言葉は料理よりも使われる場面が限定されるのが大きな違いです。

具体的には、家庭内であったり寮などのコミュニティであったりする場合に限定してご飯を作ること(つまり料理)に該当するわけです。

料理では上述のように、料理店の料理人がお客さんにご飯を提供することも意味していましたが、炊事ではこれは含まなくなるといえるでしょう。

 

よく炊事・洗濯などの言葉をセットでよく耳にするように、主に家事に一環のような位置づけとしてこの「炊事」があると理解しておくといいです。

 

炊事と炊飯の違い・使い分け・意味は?【料理】

さらには、先にも述べた炊事と似た言葉として炊飯というものがあり、この意味・違い・使い分けについて確認していきます。

炊事と炊飯の違いは比較的容易にわかるといえますが、炊飯とはごはんを炊くことのみの工程を差します。

よく炊飯器などと聞くと思いますが、まさにこの炊飯(ごはんをたく)ための工程そのものに関係しているといえますね。

 

上で炊事では、ご飯をたくだけでなく、他にも家庭内で行う料理的な処理全般も指すことも覆えておきましょう。

 

 

まとめ 炊事と炊飯の違い・意味・使い分けは?

ここでは、調理と料理と炊事と炊飯の違い・意味・使い分けは?について解説しました。

どれも似ている言葉なのでこの機会に理解しておくといいです。

さまざまな似ている言葉の違いを理解し、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました