スポンサーリンク

朝早い仕事で辛い・ストレスを感じる原因とその対策【早朝出勤の職場をやめたい】

生活

仕事をする上できっても切り離せない問題として、会社の始業・終了時間が挙げられます。

特に「朝の出勤時間が早い」もしくは「夜の終業時間が遅い」場合には、身体的にも精神的にも不調をきたしかねないので、十分にあなたがその会社の始業時間・修行時間に適しているかについて考慮した方がいいです。

ここでは、特に「仕事で朝早いのが辛い・きつい」と感じている人に向けて、「早朝出勤が辛くなりやすい理由」「朝早い職場がきつい、ストレスを感じる場合の対処方法」について解説していきます。

スポンサーリンク

朝早い仕事で辛い、きついと感じる理由【6時出勤や8時出勤などがきつい】

上述のよう仕事を続けていく上で、その始業時間はかなり重要です。時に、以下では早朝出勤の職場に勤めているためにきつい、つらいと感じてしまう原因の詳細について確認していきます。

朝早い仕事がつらい原因その1 前日夜中まで起きている(夜更かし)

朝が苦手な理由の代表として「前日の夜遅くまで起きていること」が挙げられます。

特にいまではスマホやPC、タブレットなどの普及から、寝る直前まで画面を見てしまい、画面から出るブルーライトの影響により値付けない方が多いわけです。

ただ、1日頑張って働いたきつさ、辛さを改善するために、夜に「youtubeや電子書籍などをどうしてもみたい」と感じ、実際にそう行動するのも、無理のない話と思います。

いずれにせよ、単純に夜遅くまで起きていることが、次の日の朝の出勤がよりつらくなる原因の一つといえますね。

睡眠の質が悪い

なお、上述のように夜遅くまで特に起きているわけでなく、きちんと8時間などの睡眠を確保したとしても、「やはり朝早い出勤がきつい」と感じる方も多いです。

このような場合では、睡眠の質があまり良くない可能性があります。

例えば、

・そもそも次の日の朝早くに出勤しなければいけなとことに不安を感じている

・職場での人間関係にストレスがある

・食事、運動などの別の生活習慣も悪く、結果として嗣明の質も低下している

などが挙げられるわけです。

このような理由から快眠できていない可能性があり、そうなるといくら睡眠時間をとったところで、眠い状態が続いてしまいます。

結果として、次の日の早朝出勤がきつくなってしまうのです。

朝に弱い気質のため

先にも述べたような「夜更かしをしている」「睡眠の質が低い」などの問題を除いたとしても、「なんとなくチ早朝出勤がストレス」と感じる方は意外とおおいものです。

これは、食べ物や好きなことにも個人差があるように、人それぞれの好みがあるためです。

そのため朝早くに出勤することにきついと感じる方は「なんとなく朝の人が少なめの空気管が苦手」「なんとなくもう少しゆっくり寝ていたい」などとどうしても思ってしまうわけです。

朝早いから仕事を辞めるのはあり?朝早い仕事がきつい・辛いと感じる場合の対処方法

先にも述べたように、早朝の仕事にストレスを感じる原因にはいくつかのパターンが存在します。

ただ、どのような事柄であっても原因がわかれば、おのずとその解決策もわかり、以下で「朝早い仕事が辛い」と感じる場合の解決策について確認していきます。

仕事が朝早くて面いときの対処方法その1 生活習慣を改善する

早朝出勤がきついと感じる原因が上述の「夜更かし(夜遅くまでおきている)」であれば、適切に対処することで早朝出勤の辛さが減るかもしれません。

具体的には、夜にyoutubeをみたり、飲み会に出かけたりすることを控えるなど、単純に意識して夜更かしをする習慣を徐々に減らしていきましょう。

もしこれで朝早いのがストレスという状況を少しでも緩和できたら、さらに生活習慣を改善していけば、早朝出勤時のきつさがかなり楽になることが見込めますね。

早朝出勤がきつい場合の対処方法その2

先にも述べたように、朝早い職場がストレスの原因が「睡眠時間を確保してるものの質が悪い」のであれば、睡眠の質を改善するための工夫を行うといいです

具体的な快眠のコツとしては、

・寝る1時間前からはスマホやPCなどを見て、ブルーライトを浴びない

・同様に就寝直前には、筋トレやランニングなどの激しい運動は避け、ストレッチなどの副交感神経(リラックスさせる神経)を優位にさせる

・快眠ホルモンといわれているメラトニンをよく分泌できるよう、その変換前の物質であるトリプトファンを豊富に含む、乳製品(牛乳、チーズ、豆腐)、卵、肉類、果物(バナナななど)を多く摂取する

・寝る雨にできる限り楽しいことを考え、不安にならないようにする

・ラベンダーなどの副交感神経を優位にする匂いを嗅ぐ

・リラックス音楽を聞く

・もしまくらがあっていない場合は差異的なまくらを専門家に相談したり、いくつかまくらを購入してみて睡眠の質の最適化を行ったりする

などが代表的ですね。

快眠できれば、早朝出勤のつらさがなくなるケースもあるので、チャレンジしてみるのもいいです。

朝早くの職場への出勤のつらさへの対処方法その3

なお、上述のような対策を行ったとしても、「仕事が朝早いことへのストレスがなくならない」のであれば、あなたが「朝に弱い気質を持っている」と考えるのが妥当です。

このようなケースでは、いくら対策をしようとも「朝早い仕事がつらい」という状況は変化しない場合がほとんどです。ただ、これは全く悪いことではなく、あなたの個性が早朝出勤の会社とマッチしていなかっただけです。

あなたに合う別の企業は非常にたくさんあります。そのため、具体的な行動としては「朝早くない職場に転職する」といいです。

他にも、起業する、企業とはいかないまでもフリーラスで働くなどを洗濯することで、朝早い出勤の辛さを改善できる可能性はありますが、「金銭的なリスクを大きく取る必要がある」という別の懸念が生まれます。

もちろん起業やフリーランスを目指すのもいいですが、まずは「朝早い時間に出勤する必要がある職場から転職する」ことで、金銭的な安定を確保しつつ目の前の大きな不安から解放されることになるのです。

なお今の時代では転職することもごく普通のことであり、以前よりもすんなりと転職しやすくなっているのも事実なため、どうしても朝早い仕事をやめたいと感じたのであれば、まずは朝早くない仕事への転職を考えるのがおすすめです。

まとめ 朝早いの仕事がつらい、ストレスな場合の対処方法

ここでは、「仕事で朝早いのが辛い・きつい」と感じている人に向けて、「早朝出勤が辛くなりやすい理由」「朝早い職場がきつい、ストレスを感じる場合の対処方法」について解説しました。

まずは、あなたが早朝出勤がつらいと感じる原因をあぶりだし、それを元に

・夜更かしを避け、生活習慣を整える

・睡眠の質を改善するために工夫する

・朝早くない仕事に転職する

といいです。

あなたに適した早朝対策を行い、朝早くてつらい気持ちを改善していきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました