スポンサーリンク

すももと桃の違いを意味(定義)から解説!プラムやプルーンとの違いも!

生活

私達が生活している中で似た言葉に出会うことがよくあります。

ただ各々の意味を間違って理解・使用すると人前で恥をかいてしまうこともあり、多くの言葉を知っておく方が何かといいです。

中でもここでは、発音や外観が似ている言葉として「すももや桃やプラムやプルーンの違いや意味は?」について解説していきます。発音や外観が似ている言葉として「すももや桃やプラムやプルーンの違いや意味は?」について解説していきます。

スポンサーリンク

すももと桃の違いや意味(定義)は?

それでは、果物の種類であるすももや桃との違いについて各々の意味(定義)を元に確認していきましょう。

すももと桃は外観がミニトマトとトマトのような関係(基本的に桃が大きく、すももは小さい)に見えますが、そもそもの植物学的な細かな分類に違いがあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%A2より一部引用

具体的にはスモモはバラ科サクラ属に分類される一方で、桃はバラ科モモ属と呼ばれる種類という種類に分けられています。

またすももと桃の味にも違いがあり、すももは酸っぱさが強い果物なのに対し、モモは甘みが強いですよね(もちろん種類や熟れ度合によって変化しますが)

すももとプラムとプルーンの違いや意味(定義)は?

さらには、すももに似た果物のプラムやプルーンとの違いについて各々の意味(定義)から解説していきます。

結論からいいますと、プラムは日本すももを指し、プルーンは西洋すももを示していることから、プラムもプルーンもすももの1種といえることが違いです。

特に上述のようなすももといえば、日本ではプラムを指すことが基本であり、プルーンはプルーンとしてすももと違うものとして認識されていることが多いですね。

プルーンはドライフルーツやジャムを始めとして加工食品として日本では販売されていることがほとんどです。

桃もすもももプラムもプルーンもよく聞く言葉ですので、この機会に是非その違いについて理解しておきましょう。

まとめ すももとプラムやプルーンの違いを意味(定義)から解説!桃との違いも!

ここでは、発音や外観が似ている言葉として「すももや桃やプラムやプルーンの違いや意味は?」について解説しました。

まとめますと

・桃はすももよりも大きく甘い、すももの方が酸っぱく小さい(植物的な分類自体も異なる)
・プラムは日本すもものことですももの一種といえるが、基本的にすももといえばプラムを指す
・プルーンは西洋すもものことですももの一種といえるが、基本的にすももと別の扱いをする

といえます。

さまざまな似ている言葉を理解し、毎日の生活をより楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました