スポンサーリンク

ココアとミロの違いを意味(定義)から解説!チョコレートドリンクやホットチョコレートの違いも!

生活

私達が生活している中で似た言葉に出会うことがよくあります。

ただ各々の意味を間違って理解・使用すると人前で恥をかいてしまうこともあり、多くの言葉を知っておく方が何かといいです。

中でもここでは、意味が似ている言葉として「ココアやミロやチョコレートドリンクやホットチョコレートの違いや意味は?」について解説していきます。

スポンサーリンク

ココアとミロの違いを意味(定義)から解説!

それではココアとミロの違いについて確認していきます。

ココアを大きく分類しますと

・ココアパウダー
・このココアパウダーを牛乳や水に溶かした飲み物

のことを基本的には指します。

さらにココアパウダーには砂糖が入っていない純ココアと、砂糖などが加わりより飲みやすい形にした調整ココアに細分化できるのです。

以下のような製品です。

https://www.morinaga.co.jp/cocoa/milk/より引用

ココアパウダーを牛乳や水に溶かした飲み物自体のこともココアを呼ぶことも多いですが、基本的に牛乳自体にココアパウダーをとかした方が濃厚な味がしますがコストがかかります。そのため、飲み物としてのココアの市販製品では水に溶かしコストを低減している場合が多いですね。

一方で、ミロとはココアを含んだネスレ社の商品名であり、このミロにも粉の製品と完成品の飲み物の両方の形があります。

https://nestle.jp/brand/milo/nutrition/より引用

そしてその味は確かにココアと似ています。これは単純にミロにもココアが含まれているためです。

ただミロには麦芽成分も多く含まれていることからココアよりも「香ばしい」と表現できる味がしますね。

これらがココアとミロの違いといえます。

個人的にはココアは夜寝る前、ミロは日中により飲みたくなりますね。

ココアとチョコレートドリンクとホットチョコレートの違いを意味(定義)から解説!

さらにココアと似たものである、チョコレートドリンクやホットチョコレートの違いついても確認していきます。

ココアは成分の観点から厳密に考えますと、カカオ豆から精製していく際にココアバター(いわゆる脂肪分)を除去してあります。一方でチョコレートドリンクではココアバターが除去されておらず、濃厚な味になるわけです。

そのためココアの方があっさりとしており、チョコレートドリンクでは上述の通り濃い味になるとイメージしておくといいです。

なおホットチョコレートという言葉もありますが、チョコレートドリンクと同じ意味なことを理解しておきましょう。

まとめ ココアとチョコレートドリンクの違いは?ミロとの違いも意味(定義)から解説!

ここでは「ココアやミロやチョコレートドリンクやホットチョコレートの違いや意味は?」について解説しました。

似ている言葉の違いを理解し、毎日の生活をより楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました