スポンサーリンク

活魚と鮮魚の違い・読み方は?生鮮魚との違い・読み方・意味・使い分けも解説

生活

私達が生活している中で似た言葉に出会うことがよくあります。

ただ各々の意味を間違って理解・使用すると人前で恥をかいてしまうこともあり、多くの言葉を知っておく方が何かといいです。

中でもここでは、意味が似ている言葉として「活魚と鮮魚と生鮮魚の意味や違いや読み方や使い分け」について解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

活魚と鮮魚の違い・読み方・意味・使い分けは?

それでは以下で活魚と鮮魚の違い・読み方・意味・使い分けについて確認していきます。

まず活魚の読み方は「かつぎょ」であり、言葉の通り「生きたままの状態の魚」を意味します。

一方で、鮮魚の読み方は「せんぎょ」ですが、その意味は「すでに亡くなっている魚ではあるものの、時間が経過しておらず鮮度を保たれている魚」となります。

これらが活魚と鮮魚の違いです。

 

 

掘り下げて見ていきましょう。

上で活魚は生きたままの魚のことを指すといいましたが、具体的にはお客(消費者)に提供するために店内で飼われている魚を示すケースが多いです。またその対象は魚だけでなく、エビ・イカなども含めて業界類全般を表す場合もあります。

よく水槽内で魚を飼っているお店を見かけると思いますが、まさにこれが「活魚」に相当するわけです。

他にも、お客さんに提供することがわかり、そこから魚の血など抜いた「活け締め」にした魚も含めることもあります。こちらでは魚介類は既に亡くなった状態です。

 

一方で、鮮魚とは上述のよう、鮮度が高い魚のことを指します。こちらも基本的にお客さん(消費者)に提供することを前提として用語です。

こちらも対象は魚だけでなく、魚介類全般を指す割合が高いですね。

基本的には、スーパーの生鮮食品コーナーなどでみかける魚介類はこの鮮魚と捉えてOKです。

ただある程度時間がたっており、シールが貼られているような魚は鮮魚とは言えない、ある程度品質が落ちた魚介類になっていることもありますので、注意しましょう。

味としては、もちろん鮮度がより高い鮮魚の方が美味しいケースが多く、こちらを食べることがおすすめです。

 

これらが活魚と鮮魚の読み方・違い・意味・使い分けです。

 

 

鮮魚と生鮮魚の違い・読み方・意味・使い分けは?生鮮との違い

続いて、鮮魚と似た言葉である生鮮魚との違い・読み方・意味・使い分けについても確認していきます。

生鮮魚の読み方は「せいせんぎょ」であり、鮮魚よりもさらに新鮮であることを強調するためにできた言葉です。

確かに鮮魚よりも「生鮮魚」の方が長いですし、より新鮮なイメージを持ちやすいと感じますね。

 

特に、スーパーや百貨店内のデパートなどでは、上述のよう「生鮮食品コーナー」が設けられており、生鮮魚の方が鮮魚よりも一般的になりつつあるかと思います。

なお生鮮魚もその対象は魚だけでなかく、魚介類全般となると理解しておくといいです。

 

まとめ 活魚と鮮魚の読み方や違いは?生鮮魚との違いは?

ここでは、活魚と鮮魚の違い・読み方は?生鮮魚との違い・読み方・意味・使い分けも解説しました。

どれも似ている言葉なのでこの機会に理解しておくといいです。

さまざまな言葉の違いを学び、日々の生活に活かしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました