スポンサーリンク

エクセルを苦手な人が得意になるにはどうすべき?【Excelは関数など使わないと忘れる】

会社における事務職、技術職として働く際にはエクセルを使えた方がいいケースがとても多いです。

ただエクセル(Excel)が苦手な人の場合、少しエクセルを使わないだけでも忘れることが多く、「得意になる」「しばらく使わなくても覚えている」状態になかなか慣れないと悩んでいる方も多いでしょう。

ここでは、これらエクセルが苦手と感じる人のために、エクセルの操作や関数を忘れずに得意になるための方法について解説していきます。

スポンサーリンク

エクセルの関数を使わないと忘れるなど苦手になる原因と対策【Excelを得意になるには】

エクセルの関数を早くに忘れてしまうなどのエクセルが苦手と感じる人がそのような状態になる理由と対策にはさまざまなものがあり、以下で詳細を確認していきます。

エクセルが苦手な人の原因その1 関数を多く使う業務経験が少ない

エクセルの関数を忘れやすいなどと、エクセルが苦手と感じている人は基本的に関数等を使用してデータ整理を行った経験が少ないケースが挙げられます。

厳密な数値規定はないですが、およそ300時間程度エクセルを関数を自分で作り処理する、もしくは改良するなどの、自らの頭を使ったエクセル業務を行わないとなかなか覚えられず、エクセルが苦手な気持ちが抜けにくいです。

エクセルが苦手な人の原因その2 エクセル関数は使うものの既に完成したフォーマットにて入力しているだけ

他にもエクセルの関数を忘れてしまいやすいと感じている人がそうなっている理由としては、エクセル関数が入ったフォーマットを用いてデータ処理しているはものの、その関数を自ら考えたことがない場合が挙げられます。

例えば、以下のようなものです(予め年月日から月のみを抽出する関数が記載されているなど)。

 

つまり、関数の中身を理解することでを使えたような気にはなっているものの、実際に自分で処理・書こうとした際にどうしていいにかわからない状態となっているわけです。

職場の上司の仕事の振り方によっては、関数を使って処理するなどのエクセルスキを上達することができずに、データを入力するのみになるため注意が必要ですね。

同時に業務内容により使用する関数がかなり現照りされる場合はそれらの処理しか理解しておらず、別の業務を任された際に全く処理できないケースもあることも頭に入れておくといいです。

エクセルが苦手な人の原因その3 エクセル関数を忘れた際のweb検索に慣れていない

上述のようエクセル関数を用いて自らデータ処理するフォーマットをつくる経験が十分にあったとしても、使用しない期間が長いとある程度は忘れるものです。

ただ、今ではエクセル関数を忘れたとしてもネット検索をすれば容易に処理方法がわかる時代になっています。そのため、検索をして必要なエクセル関数の情報を抽出できればいいのですが、この操作に慣れていないとエクセルを苦手と感じやすいです。

この必要な情報を抽出するためのスキルはエクセル関数だけではなく、どのようなことも通ずるため、以下で解説するような方法をぜひ身に着けておくことをおすすめします。

エクセルを得意になるための対策【Excelの関数を忘れるのを防ぐ】

このようにエクセル関数を忘れやすいなどエクセルを苦手と感じる理由には複数の要因がありますが、各々に応じた適切な処理方法を身に着ければExcelを得意にすることも十分に可能であり、以下で具体的な対処方法を確認していきます。

上司などのエクセルを得意になりたく、自ら関数を用いて処理してみたいことを伝える

上述のようエクセルを苦手と感じる原因はやはり「エクセル関数を使って自分で処理した経験が少ない」「その頻度が低い」「上司がすでに作ったフォーマットに入力していくだけ」などと、経験の少なさが主な原因な場合が多いです。

このようなケースでは上司や部署全体などに「エクセルの関数を使って自ら処理するスキルや経験を身につけたい」ことを相談してみるといいです。

あなたのことを考えてくれる上司や部署であれば、業務に司法が出ない範囲できっとあなたのスキルアップにつながるよう、調整、教育してくれる場合も多々あるわけです。

そのためまずはあなたの意志を上司など業務を振ってくれる人に伝え、その実現につながるための行動を起こしてみましょう。

エクセルを使用し自ら関数を用いて処理する場があり、その頻度が高ければ、ほぼスキルは向上していくといえますね。

Web検索になれる エクセルを得意になるための対策【Excelの関数を忘れるのを防ぐ】

なお、エクセル関数を使ってデータ処理する機会が十分にあるが、エクセル関数を忘れた場合にWeb検索するのが苦手な場合はやはりこのネット検索に慣れるしかないです。

基本的にgoogle検索などのWeb検索では、

・検索意図に合致していると思えるキーワードを入力
・記事を確認・情報の入手
・情報を元にエクセル関数の処理に活用

という流れで行います。

特にエクセルが苦手と感じる場合には、最後の情報を元にエクセルに反映することが苦手な場合が多いため、大変ですがここをできるようにしていくといいです。

ポイントは関数の中身を丁寧に確認しつつ、あなたのエクセルフォーマットではどう処理すればいいかを深く考えることにあると思います。あとは処理回数を増やし、経験値を上げていけばきっと上達していきます。

転職・部署異動をする エクセルを得意になるための対策【Excelの関数を忘れるのを防ぐ】

なお上司に依頼しても上司がなかなかエクセル関係の仕事を振ってくれない、そもそも職場・部署的にエクセル関数で処理する必要がないような場合で、エクセルスキルをもっと上げたいと考えているのであれば部署異動か転職するといいです。

部署異動したところで、業務内容的にエクセル技術の向上が見込めないのであれば、転職一択となります。

今の時代リモートワークなどの働き方の自由度が増している中、エクセルを始めとしたITスキルを身に着けておいたほうが「何かと得をする」傾向にあるため、よりよい将来を手に入れるためにもこの機会に転職を決意するのもおすすめです。

あなたに適した方法をとることで、エクセルを始めとしたキャリア形成・理想の未来につかづけけていきましょう。

まとめ Excelは関数など使わないと忘れる場合の対処方法【エクセルを苦手な人が得意になるにはどうすべき?】

ここでは、エクセルが苦手と感じる人のために、エクセルの操作や関数を忘れずに得意になるための方法にについてパターン別に解説しました。

エクセルスキルを向上させるための方法には複数あり、この中からあなたに最もできしていると感じたものを行ってみるといいです。

最終的には異動や転職などの選択肢があることも理解しておくと、普段からのエクセルが苦手な現状への不安・不満が緩和されるかもしれないですね。

いずれにせよあなた自身がどうしたいかを本気で考え、各メリットとデメリットを考慮した上で大胆に行動していくといいです。

一度きりの人生ですのであなたのストレスが低減、快適度が上がる対策をどんどん行い、あなたの人生をより充実したものにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました