「ちゅ」や「ちゅん」のローマ字入力・表記方法は?【チュ・チュン:パソコンなどタイピング】 | モアイライフ(more E life)
EXCELのYouTube始めました!

EXCEL初心者に向けたYouTubeチャンネルを開始しました(^^)/
ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

効率よくエクセルを学ぶ!

「ちゅ」や「ちゅん」のローマ字入力・表記方法は?【チュ・チュン:パソコンなどタイピング】

スポンサーリンク

パソコンなどでタイピングを行う際、ローマ字入力が必要となりますよね。

ただ、PCでのローマ字入力は意外とややこしいものが一定数あり、その中の代表として「ちゅ」や「ちゅん」などがあげられます。

ここでは、これら「ちゅ・ちゅん」に着目して「ちゅのローマ字入力方法や表記は?ちゅんのローマ字入力は?」について解説していきます。

 

スポンサーリンク

「ちゅ」のローマ字入力方法や表記方法は?【チュの出し方】

それでは「ちゅ(チュ)」をローマ字入力方法をチェックしていきます。

結論からいいますと、ちゅをローマ字入力したい場合には、

・ちゅ:c + h + u(ヘボン式)
・ちゅ: t + y+ u(訓令式)

のどちらかを入れればOKです。英語の読み方に合わせるイメージですね。

ローマ字として「ちゅ」を表記したい場合も、同様にchu(ヘボン式)、tyu(訓令式)で書けばokです。

小学校で習う場合はtyaの訓令式が多いのでこちらを答えましょう。

 

なお、どうしても2語として「ちゅ」をローマ字入力したいのであれば、

・ち:t+i(かc+h+i)
・ゅ:l + y+ u

とローマ字入力で入れてもいいです。

だだ、効率が悪いので基本的には上の「ちゅ」のローマ字入力方法を覚えておきましょう。

カタカナの「チュ」はひらがなで「ちゅ」と出した後に変換すればOKですね。

 

 

「ちゅん」のローマ字入力方法や表記方法は?【チュンの出し方】

今度は「ちゅん」をローマ字入力方法をチェックしていきます。

結論からいいますと、ちゅんをローマ字入力したい場合には、

・ちゅん:chunn(もしくはchun)

と入れればOKです。

ただ、chunの場合は後に続くローマ字が母音では、ちゅんと変換できないのでchunnで覚えておくのがおすすめです。

ちゅんをローマ字表記したい場合は「ヘボン式ではchun」「訓令式ではtyun」が正解ですね。

「ちゅん」の部分のローマ字表記では、ヘボン式や訓令式では違うと覚えておきましょう。

なお、カタカナの「チュン」はひらがなで「ちゅん」と出した後に変換すればOKですね。

 

ローマ字入力方法を忘れてしまう可能性もあると思いますので、当記事をブックマークにしていただくなど、すぐに調べられる状況にしておくのもおすすめです♪

 

「ちゅ」も「ちゅん」も意外と出てくるローマ字入力なので、この機会に覚えておきましょう。

 

 

まとめ 「ちゅん」のローマ字での出し方は?「ちゅ」のローマ字入力方法は?

ここでは、これら「ちゅのローマ字入力方法や表記は?ちゅんのローマ字入力は?」について確認しました。

難易度が高いローマ字表記・入力方法なのでこの機会に覚えておくといいです。

ローマ字入力方法や表記方法を効率よく学び、日常生活に役立てていきましょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました